2016年のカブドットコム証券のIPO取り扱い銘柄

 2016年も数多くの会社が株式上場(IPO)を迎えています。IPO株を手にするには証券会社での口座開設が必要不可欠ですが、ネット証券でも十分IPO投資を行うことができます。

 今回はカブドットコム証券が2016年に取り扱いを行ったIPO銘柄をリストアップしてみました。通常の株のトレードでは約定力やサービス力で定評のあるカブドットコム証券ですが、IPOの取り扱い銘柄も実は多いんです。通常の株のトレードだけではなく、IPO投資にも利用できるカブドットコム証券、株式投資を行うのであれば、口座を開いておきたい証券会社と言えます。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

2016年のカブドットコム証券のIPO幹事銘柄リスト

 下記が2016年のカブドットコム証券のIPO取り扱い銘柄のリストとなります。同社は三菱UFJ銀行グループとなっているため、三菱UFJモルガンスタンレー証券の幹事状況も同時にリストアップしてみました。

銘柄名コードカブドットコム三菱UFJ(幹事比率)騰落率
中本パックス7811○(2%)0.68%
LITALICO6187○(5.8%)88.0%
UMCエレクトロニクス6615○(6%)▲17.33%
富山第一銀行7184○(1.5%)6.38%
昭栄薬品3537○(3%)48.22%
アカツキ3932○(1%)▲8.03%
イワキ6237○(3%)2.50%
アグレ都市デザイン3467○(3%)102.60%
ウイルプラスホールディングス3538○(4%)▲8.03%
バーチャレクス・コンサルティング6193○(4%)13.30%
ベガコーポレーション3542○(2%)25.0%
コメダホールディングス3543○(35%)▲4.74%
LINE3938○(16%)48.48%
インソース6200○(3.5%)55.77%
ベイカレント・コンサルティング6532○(3.5%)▲6.52%

 9月20日(火)時点でIPO済み銘柄で、カブドットコム証券が取り扱いを行ったIPO銘柄は15銘柄あります。そしてその15銘柄の全ては三菱UFJモルガンスタンレー証券の幹事銘柄でもあります。
 リスト作成しながら調べましたが、カブドットコム証券の取り扱い銘柄で、三菱UFJモルガンスタンレー証券が非幹事銘柄は少なくとも2016年9月20日時点ではありませんでした。
 また逆もまたしかりで、2016年は三菱UFJモルガンスタンレー証券の幹事参入銘柄は、100%カブドットコム証券の取り扱いがありました。

 ネット証券で言えば、SBI証券やマネックス証券はIPO銘柄の引き受けを自ら開拓している姿勢がうかがえますが、カブドットコム証券は三菱UFJグループとしての利点を生かして、三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPO銘柄の取り扱い銘柄に特化している状況がうかがえます。
 
 あと、三菱UFJモルガンスタンレー証券、2016年は主幹事銘柄って殆どありません。結構意外でした。

スポンサードリンク

まとめ、三菱UFJモルガンスタンレー証券の幹事銘柄はカブドットコム証券でも取り扱いの可能性大

 IPO投資を行う際、三菱UFJモルガンスタンレー証券の幹事銘柄でIPO株の当選を狙うのであれば、カブドットコム証券の証券口座も用意すべき。2016年の実績で言えば、両社の取り扱いは100%重複しています。

 三菱UFJモルガンスタンレー証券は主幹事銘柄こそ少ないものの、幹事参入銘柄は例年非常に多いため、カブドットコム証券に口座を作っておけば、IPO投資の機会を増やすことに繋がります。

 IPO投資の要点は、多くの証券会社で口座を開設することにあります。カブドットコム証券というと、IPOは殆ど名前を見ない会社ではありますが、実は三菱モルガンスタンレー証券の幹事銘柄は殆ど取り扱いがあるという事実は、意外にご存知ない方も多いんです。

 通常の株の取引き用としても使えるカブドットコム証券ですが、IPO投資という観点でも十分使えます。IPO投資に興味があるようなら、通常の株の取引きにも使い勝手良く利用できるカブドットコム証券でまずは口座を開設してみてはいかがでしょうか?

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です