メルカリがIPO決定、初値時価総額で1兆円を達成してしまうのか?

紆余曲折あったようですがメルカリが東京証券取引所から上場承認。6月19日に東証マザーズ市場に上場予定です。

想定株価は2,200~2,700円。2,700円で計算すると時価総額は約4,300億円。HEROZが公募価格の10倍以上の株価になる等、好調というよりバブル気味のIPO市場、メルカリ株は初値で公募価格の2倍以上の株価となり、時価総額1兆円を達成することになるのでしょうか?

足元では赤字が継続のメルカリ、その初値時価総額の行方は否応なく注目されます。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

メルカリが遂に上場承認、6月19日に東証マザーズ市場に上場予定

浮かんでは消えてきたメルカリのIPOの噂。紆余曲折ありましたが、無事に東京証券取引所から上場承認がおり、6月19日に東京証券取引所マザーズ市場に上場予定というところまでこぎつけました。

日本を代表するベンチャー企業と一言で表現されますが、誰しも知っている個人間売買アプリ「メルカリ」はその名を知らない日本人はいませんし、日本のスマホアプリを手掛ける企業としては、唯一と言っていいくらいアメリカでも成功している企業。ご存知でしたか?

日本製のアプリケーション=ソフトウェアというと、正直世界でまともに戦えるのはゲームくらいしかない中で(ウィンドウズはじめソフトウェアは圧倒的にアメリカが強い)、メルカリは立派にアメリカで利用されています。このことをもってしても、大した企業だよなー、と思います。

ま、大阪西成の泥棒マーケット的存在、というブラックジョークも分かんないでもないですが(その昔、南海電鉄でほぼ毎日難波駅に行っていたので分かりますけど、今は殆ど見当たりませんよ)、メルカリは日本を代表するベンチャー企業であるということは間違いないでしょう。

メルカリの業績

日本を代表するベンチャー企業メルカリの業績はどうなっているのか。開示された資料では下記のような業績推移です。

15/6期 売上高4,237百万円、経常利益▲1,099百万円、当期純利益▲1,104百万円
16/6期 売上高12,256百万円、経常利益▲97百万円、当期純利益▲348百万円
17/6期 売上高22,071百万円、経常利益▲2,779百万円、当期純利益▲4,207百万円

ハイ、3期連続赤字でございます。うーん、他の企業ならIPOはおろか、VCから経営者の経営責任が問われる所です、正直な所。ただしもうアメリカでのアプリの普及もなされているメルカリ、チョットやソットの赤字ではビクともしない?

赤字は続いていますが純資産(自己資本)を見ると、15/6期1,607百万円→16/6期8,395百万円→17/6期4,416百万円→18年3月5,916百万円と推移しており、万全とはいえないまでもVCや事業会社からの資金調達で資金の手当てはなされてる状態。

ま、今回のIPOで資金調達して当面資金的な問題はありません、というシナリオなんですが、正直赤字額と自己資本の額の推移を見ると、財務的には結構な綱渡りをしてきたんだな、というのが正直な感想。15/6期決算を官報で見つけて、メルカリの財務分析した記事を以前書きましたが、自己資本は厳しい中でも使えないお金が金庫にはふんだんにあった、ということではないかと。

関連記事:メルカリの3期決算、使えないお金がザックザクの巻

17/6期は単体では44億円の黒字

連結で見ると先行投資が重くて3期連続赤字ですが、単体で見ると17/6期は売上高212億円、経常利益44億円の黒字です。当期純利益は69億円の赤字ですが・・・。そんな訳で、メルカリ単体の事業で見れば黒字と言ってもよいかと。

海外展開やAIなどにふんだんに投資をしているので連結で赤字となっていますが、ともあれ先行投資をしなければメルカリ単体では既に利益は十分でてますよ、という部分はさすがと言うべきでしょう。

非常にキレイな貸借対照表(B/S)、17/6期末時点で現預金508億円を保有

メルカリの数字を見る際は貸借対照表(B/S)も併せて見ないと、その実態は見えません。17/6期末だと、B/Sの殆どが現金から構成されているというキレイな状態です。以前の記事で指摘した通り、使えないお金(ユーザーからの預り金)が積みあがっている状態。


メルカリの「上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」より

総資産544億円の中、現預金は508億円とその殆どを占めています。一方で、未払金が240億円。この未払金がユーザーから預かっているお金に該当します。あとは223億円が借入金。そして純資産が44億円。こんな構成となっています。

ちなみにユーザーからの預かり金でもある未払金に今後メルカリが手を出すようになると、企業としての黄色信号が点灯します。その昔の英会話のNOVAの状態がそんな感じでしたが、顧客の金に手を付けようになると危険信号です。

今回のIPOで当面、メルカリは自己資金が困らない状態となります。ただしいくらメルカリといっても、3期連続赤字でその後IPOしても赤字が何年も続けば、再び資金調達の必要が生じます。その時に未払金に手を付ける誘惑にかられないとは限りませんので。

いずれにしてもメルカリはユーザーから預かっているお金が、手を付けてはいけない資金として積みあがっている状態です。

メルカリの株主構成

メルカリの大株主は下記のようになっています。

①山田進太朗(社長)28.83%
②ユナイテッド株式会社10.59%
③富島寛(社員)7.20%
④グローバルブレイン5号投資事業有限責任組合5.60%
⑤株式会社suadd4.66%

社長の山田氏の持ち株比率は28.83%と低め。
2位株主のユナイテッドはマザーズ上場(2497)の会社。ネット広告とスマホアプリの会社ですが、ベンチャー投資も手掛けており、メルカリが大ホームランになりそう。1500万株を保有していますが450万株を売出に拠出、売却額は約120億円。取得原価は約9000万円のようです(5月15日の日経新聞より)。

これまでVCや事業会社から多くの資金調達を実施してきた会社であり、VCや事業会社が多数参入。VC比率は約3割ですが、許容範囲と言ってよいでしょう。

スポンサードリンク

メルカリの初値や予想株価

5月14日の上場承認が下りた時点でメルカリの目論見書が見当たらないのですが(珍しい・・・)、5月15日の日経新聞に下記記載がありました。

メルカリが想定する1株当たりの売り出し価格は2200~2700円。市場から買い手を募る公募株式は国内外で1815万9500株。需要動向に応じて実施する追加売り出し分もふくめると、調達金額は500億円前後となる。(2018年5月15日付日本経済新聞)

そんな訳で上記の日経新聞の数字をもとに時価総額などを算出してみます。

売出価格は2,200~2,700円。発行済株式数が141,688,392株で公募が18,159,500株なのでIPO時の発行済み株式数は、

発行済株式数141,688,392株+公募18,159,500株=IPO時株数159,847,892株

※潜在株式含む

IPO時の予想時価総額は

IPO時株数159,847,892株×売出価格2,200~2,700円=3,516~4,315億円

恐らくレンジで出ている想定価格の上限で公募価格は決まると予想されるので、株価2,700円で計算するとメルカリは時価総額4300億円で株式市場デビューとなります。

何と言っても3期連続赤字の会社。もう株価なんて理論的に付けようが有りませんよ、正直な所。主幹事も株価の理論的な値付け苦労したんだろうなー、と思います。DCF使って鉛筆なめる姿が目に浮かびますが、PERやPBRで理論株価は求められません。

これまで報じられてきたように時価総額2,000億円というのが一つのベースだったんでしょうが、報じられていた2倍以上の想定株価です、意外だな。

主幹事証券の引受部門の苦労が目に浮かぶような・・・。

主幹事証券及び幹事証券会社

メルカリの主幹事証券は大和証券及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券。

副幹事は、SMBC日興証券、みずほ証券、野村證券、マネックス証券、SBI証券、岩井コスモ証券、極東証券と続きます。

ガチガチの野村證券主幹事だと、ネット投資家としてはIPO投資の余地は非常に少なくなりますが、メルカリについては主幹事が三菱UFJモルガン・スタンレー証券(カブドットコム証券に一部のIPO株が回る可能性がある)ですし、SMBC日興証券マネックス証券、SBI証券、岩井コスモ証券とネットでIPO株の申し込みを受け付けている証券会社が並んでいます。

正直、IPO株の申し込みは殺到が予想されますが、申し込むのはタダなのでメルカリのIPO株を狙いに行くのは“あり”ではないかと。

下記から各証券会社の口座開設ができます。

大和証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

カブドットコム証券

SMBC日興証券

マネックス証券

SBI証券

岩井コスモ証券

極東証券
(対面営業のみ)

ちなみにSMBC日興証券は大手証券ながら一部の公募・売出株をネットの抽選分に拠出するので、敷居が高く感じる証券会社ですがIPO投資するなら持っておいて損のない証券会社の口座です。

メルカリのIPOについての考え方

上記に色々書いてきましたが、足元IPO市場はバブッてます。AIの会社と言いながら、実は企業実体としては将棋ゲームの会社のHEROZの初値が公募価格の10倍以上になっている(公募価格4,500円→初値49,000円)ので。

3期連続赤字のメルカリの時価総額が予想ではあるものの時価総額4000億円オーバー。もう正直理論株価なんて意味がありません。

日本を代表しアメリカでも利用が広がる個人間オークションアプリの展開の企業の株を買えるか・買えないか、それだけです。

ただし一点だけ注意するとすれば、HEROZのIPO後の株価急落の例(初値49,000円を付けた後に20,000円台にまで下落)からすると、IPOバブルも後半戦の感があるので、仮にメルカリもIPOして初値が一気に上昇したとしてもIPO投資のセオリー通りに初値で手放すのがベターでしょう。ま、IPO投資に裁量は禁物なのはIPO投資家の方は既に十分認識されているとは思いますが、念のため。

メルカリの将来性を信じてIPO後も株を所有し続けるのはそれは構いませんが、ことIPO投資、という観点だとHEROZの株価急落が直近の例であるので、ご注意を。

けど仮に初値が公募価格(4000億円と想定)の2倍強になると、時価総額1兆円オーバー。夢があるなー、とは思う一方、さすがに3期連続赤字の会社に時価総額1兆円はやりすぎ、と思います。

時価総額1000億円オーバーの大型IPOなので、個人投資家の買いだけでは上昇せず冷静な機関投資家が売ってきてなんのことはない公募割れ・・・、という事態も可能性としてはあります。

さてどうなりますか。

まとめ

赤字会社のIPOなので、株価に対し理論的な根拠付けは正直外部からは困難です。詳細な事業計画書を元にDCF方式で株価算出できれば話は別ですが、それにしたってIPOの熱気の前には初値予想にDCFもそれほど意味をなしません。

そんな訳でどうやら最低でも時価総額4000億円オーバーで株式市場にデビューすることになるメルカリ、果たしてどんな初値がつくのでしょうか?スタート台が時価総額4000億円と高めなので、公募価格比3倍の時価総額1兆円はさすがに難しいのでしょうか?

初値ベースで時価総額1兆円に到達するかどうか、という点に注目しようと思います。

メルカリの関連記事
メルカリの3期決算、使えないお金がザックザクの巻

2018年にIPO(上場)の予想や期待がある企業一覧

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です