三井住友建設株価の今後の見通しと予想(2015年10月14日版)

 横浜で三井不動産グループが販売したマンションの傾きが発覚。杭の打込み不足だけでなく、データの虚偽記載も発覚し、工事を行った三井住友建設(東証1部1821)の株価はストップ安に。

 再生ファンドの下で再生を果たし、順調に業績を回復させてきた三井住友建設。デイトレーダーの売買銘柄としても人気の銘柄ですが、果たして今後の株価はどうなるのか?

 三井住友建設の株価チャートを見ると、明確な株価の節目が存在しており、チャート分析としては非常に分かり易い銘柄。各株価の節目で反転するか、ブレイクするかで、株価の動きは大きく変わってくると予想されます。

関連記事:三井不動産が販売の横浜のマンション傾く、欠陥マンションを販売か?

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

三井住友建設の業績推移

 過去再生ファンドの傘下にあったというのが嘘のような三井住友建設の直近の業績。

15.10.15三井住友建設決算推移-min

 三井住友建設は見事に再生を果たした好事例、とも言える最近の決算推移となっています。

 しかしながら、三井住友建設の普通株の配当金は0円。

 なぜならば、これまでは2005年9月に発行した優先株が残っていたから。ただし、2015年3月期末で優先株を消却しており、当期よりいよいよ復配、という状況。そんな状況下で、三井不動産のマンション傾き事件が発生しています。

 そして実は2016年3月期の予想は元々2015年3月期比で減収の計画となっています。

三井住友建設の株価推移と高値と安値

 再生の最終段階にある三井住友建設。ここ5年の株価推移は下記のようになっています。

三井住友建設の株価推移(5年分:月足チャート)
15.10.21三井住友建設-5年月足チャート-min

 三井住友建設の5年分月足チャートは結構キレイというか分かり易いチャートです。底値は50円付近、そして2014年以降徐々に上値を切り上げてきた上昇トレンドのチャートパターン。
 しかしながら横浜の傾きマンション事件で、一気にストップ安となってしまった、という状態です。
 
 次に5年分の三井住友建設の株価の高値と安値を調べてみます。

・三井住友建設株価の高値→189円(2015年1月21日)
・三井住友建設株価の安値→47円(2012年9月3日)

 三井住友建設の安値は47円ですが50円付近で張り付いてる期間が非常に長いのが特徴。最安値こそ2012年9月3日に付けていますが、2011年後半も50円付近をウロウロしていた時期がありました。
 
 一方高値は2015年1月21日に付けた189円。業績の回復とともに順調に株価も上昇してきた形となっています。

 そして横浜のマンション傾き事件が報じられた10月14日(水)の三井住友建設の株価(終値)はストップ安の109円となっています。

 尚、横浜のマンション事件、当事者の間では、旭化成と三井住友建設の株価は大きく下落していますが、三井不動産は意外や意外今回の事件に対して株価はあまり反応せずに、多少下落した程度と、結構意外な状況となっています。

三井住友建設の株価推移(4ヶ月分:日足チャート)
15.10.20三井住友建設-4ヶ月日足チャート-min

旭化成の株価推移(4ヶ月分:日足チャート)
15.10.21旭化成-4ヶ月日足チャート-min

関連記事:旭化成株価の今後の見通しと予想

三井不動産の株価推移(4ヶ月分:日足チャート)
15.10.21三井不動産-4ヶ月日足-min

関連記事:三井不動産株価の今後の見通しと予想

Sponsored Link

三井住友建設の株価のポイント

 三井住友建設の株価のポイントはサポート&レジスタンスという観点から非常に分かり易いです。ポイントは以下の4点と考えられます。

三井住友建設の株価推移(5年分:月足チャート)
15.10.21三井住友建設-5年月足チャート-min

①株価100円のサポート&レジスタンス
 日本の株価は100円とか200円とか50円とかという、キリのよい数字の株価で反応する、と言われますが、まさに三井住友建設はその典型例。

 100円ピッタリと言わずとも、三井住友建設の5年分の株価を見れば、2011年前半・2012年前半と後半・2013年前半で株価100円付近が見事にサポート&レジスタンスとなっているのが分かります。

 そして2013年半ばに100円という株価を明確に上にブレイクして、2014年初に一旦株価は100円付近に戻ってきますが、100円付近がそれまでのレジスタンスから逆にサポートとなり、100円付近を底に上昇トレンド入り。

 サポート&レジスタンスの説明する教科書通りのチャートパターンを、三井住友建設は100円付近で描いています。

②50円のサポート&レジスタンス
 チャートを見ての通り、三井住友建設は底では何とか50円付近という株価を維持してここまで来ています。今回のマンション事件、今後どんな展開となるかわかりませんが、仮に株価50円を明確に下にブレイクするようであれば一大事。
 これまで耐えてきた50円のレジスタンスを下に割れるという事態が来れば、一気に株価下落となる可能性があります。まだ株価50円までは余裕がありますが、三井住友建設の株価50円というのは、非常に大きな意味を持っています。

③高値の189円
 今回のマンションの一件で、189円という高値を上にブレイクする機会は遠のいた感はありますが、三井住友建設にお咎めなし=悪いのは旭化成建材、と言うことになれば、三井住友建設は業績自体は回復基調にあるので、一気に株価上昇の可能性も無きにしも非ず。

 その場合はやはり2015年1月21日に付けた最高値189円を上にブレイクするかどうか、が一番のポイントとなります。本銘柄はデイトレーダーが好んで売買する銘柄として有名であり、値動きは非常に軽いです。よって、節目となる株価をブレイクの際は、下に行く時もさることながら、上に行く時も一気に進んで行く可能性があります。

④フィボナッチ・リトレースメント78.6~88.6%の63~77円付近
 当サイトではお馴染みのフィボナッチ・リトレースメント、今回は手計算で算出してみました。
 最高値189円と最安値47円でリトレースメントを計算してみました。

 フィボナッチの教科書で戻りの反転ポイントと言われることが多い78.6%は77円付近、戻りの最終ラインと言われる88.6%は63円付近。

 仮に今後三井住友建設の株価が100円を切って下落した場合、63~77円付近の間で反転すれば、リトレースメントのセオリー通りの動きとなります。一方、63~77円のゾーンを難なく下にブレイクしてしまうと、上記②で指摘した50円の最終防衛ラインで下げ止まるかどうか、というのがポイントとなってきます。

関連記事:フィボナッチでの株価分析の基礎

 ちなみに他のリトレースメントラインは下記となっています。

・23.6%-155円
・38.2%-134円
・50.0%-118円
・61.8%-101円

 リトレースメント61.8%がほぼ100円でサポレジと重なっているのは、フィボナッチ数列の不思議ですね、やはり。そして三井住友建設の株価は今後上昇の場合も、上記のリトレースメント部分で反転する可能性も有しています。

三井住友建設の株価まとめ

 今回は若干趣向を変えて、既存のヤフーファイナンスのチャートだけで三井住友建設の株価の分析と予想を行ってみました。チャートパターンが分かり易い形状であれば、全然ヤフーファイナンスのチャートも使える、という一つの事例と言えます。(なかなかこんな銘柄ありませんが)
 ただしサポート&レジスタンスを見るだけであれば、充分ヤフーファイナンスも使えますよ。

 横浜のマンション傾き事件で、建設を担当の三井住友建設の株価は一気にストップ安を付けていますが、問題の杭の工事を実際に担当したのは、旭化成建材。今後、今回の一件が三井住友建設の株価や経営にどんな影響を与えるのか、現段階では分かりません。

関連記事:旭化成株価の今後の見通しと予想

 ただし三井住友建設の株価は、株価の節目が比較的分かり易い銘柄であり、マンション事件=ファンダメンタルの行方は分かりませんが、株価の行方は節目を利用しながらシナリオを立てやすいのではないか、とも思います。

 素人は手出し無用の感のある三井住友建設の株。果たして今後どんな値動きをするのか、各方面が固唾を飲んで見守っていそうです。

何となく証券会社を利用していませんか?タイプ別にオススメの証券会社をピックアップ

スポンサードリンク
スポンサードリンク