NEC株価の今後の見通し(2015年4月13日版)

 NEC(東証1部6701)株価の今後の見通しについて、「買い」と「売り」の視点から株価の予想を行いました。NECはフィボナッチリトレースメントがよく効いている銘柄と言えそうです。

 フト気付くと民生品が殆ど無くなってしまったNEC。その昔のPC98シリーズは憧れの的でしたし、文豪ミニというワープロを覚えている方も、まだ多いハズ。実は管理人、その昔、NECの掃除機なんてのも持っていました。事業売却等々で紆余曲折あったNECですが、法人ビジネス中心の体制で、何とか経営はひと段落といった所。
 そんなNECの株価について、株価の分析と株価の予想を行ってみました。

 NECの株価もフィボナッチリトレースメントが、よく効いている銘柄と言えそうです。

動画と説明文の両者でより理解が深まる構成となっています
※途中で最安値を最高値と発言している部分がありますが、正しくは最安値です

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

NEC株価の最高値と最安値

 まずは最初に、NEC株価の最高値と最安値を確認します。(動画0:40~)

15.4.13NEC高値と安値-min

・最高値608円(2008年6月18日)
・最安値96円(2012年7月24日)

 2008年以降で見れば、最高値は2008年6月18日の608円。一方の最安値は、2012年7月24日の96円。最高値から最安値に株価は6分の1になってしまった、という状態。まさか天下のNECの株価が100円を切るなんて・・・、と思ったのが少々懐かしい所。株価下落で会社が倒産したりはしませんが、NEC大丈夫か?、と当時思ったものです。

NEC株価の現在位置

 次に現在のNEC株価の現在位置を確認します。(動画1:40~)

15.4.13NEC-リトレースメント1-min
画像1/2

15.4.13NEC-リトレースメント2-min
画像2/2

・2015年4月13日(月)終値-384円
・株価は現在、フィボナッチリトレースメント50~61.8の間に位置
・フィボナッチリトレースメント61.8少し前の400円近辺がレジスタンスライン

 まずはフィボナッチリトレースメントを最高値と最安値に引いて、NEC株価の現在位置を確認します。
 チャートが2枚になってしまいましたが、最高値と最安値からフィボナッチリトレースメントを引くと、現在のNEC株価の位置は、リトレースメント50から61.8に向かっている段階、と言えます。
 
15.4.13NEC-レジスタンス-min

 そして、直近の値動きのトレンドラインを引くと、現在はそのトレンドラインを上に離れつつあります。
 そして、フィボナッチリトレースメント61.8の少し前にある400円近辺にレジスタンスラインが存在。そのレジスタンスラインに株価は向かっています。このまま上昇すれば、レジスタンスラインである400円近辺突破に3度目のトライ、という展開になりそうです。

 フィボナッチリトレースメントの38.2~78.6の間は、レンジ的動きになることが多いのですが、現在のNECはレンジから抜け出し、動き始めた段階。ただし、400円近辺のレジスタンスラインを上に抜けることができないと、引き続きレンジ状態継続となります。

スポンサードリンク

NEC株価は上がる?買い目線での株価予想

 NECの株価は今後上がるのか?最初は「買い目線」でNECの株価の分析と予想を行います。(動画5:00~)

ポイント
・400円近辺の抵抗線
・フィボナッチリトレースメント78.6の500円近辺

 NECの株価を買い目線で見る時のポイントは2つあります。

 1つ目は440円近辺の抵抗線。
 過去2度440円近辺の上方突破を試みて跳ね返されています。今後、下落のトレンドチャネルを上に抜けて株価が上昇した場合、最初のポイントはその440円近辺を、3度目のトライで上に抜けることができるかどうか。ここを上に抜けて行けば、新しい相場の始まり始まり~、ということになります。

15.4.13NEC-レジスタンス-min
画像は現在位置確認用と同じ画像

 2つ目はフィボナッチリトレースメント78.6の500円近辺。

15.4.13NEC-買い目線-min

 これはセオリー通りの予想です。リトレースメント61.8は400円近辺の抵抗線突破とともに上に抜けると考えられるので、次のポイントになるのはリトレースメント78.6。NECの株価、リトレースメントが23.6、38.2、50.0、61.8(若干足りませんが)と機能しているので、当然次の78.6も機能する、と考えるのが自然。更に78.6は管理人の最重要視しているポイントでもあります。(詳しくは「フィボナッチでの株価分析の基礎」をご覧ください)

 若干簡単すぎる感もありますが、あまり難しく考えず、買い目線でNEC株価を見れば、上記2つがポイントとなります。

NEC株価は下がる?売り目線での株価予想

 次はNECの株価は下がるのでは?、という「売り目線」でNEC株価の分析と予想を行います。(動画6:55~)

ポイント
・フィボナッチリトレースメント38.2の290円近辺

15.4.13NEC-売り目線-min

 売り目線でNECの株価を見ると、ポイントは1つ、フィボナッチリトレースメント38.2の290円近辺に絞られます。
 過去機能していたリトレースメント38.2。現在のリトレースメント50近辺という株価水準を維持できず下落、となればセオリー通りに考えれば次のポイントはリトレースメント38.2となります。

 その38.2から下に下落するとなれば、23.6が次のポイントとなります。これもセオリー通りですが、この23.6のラインも過去チャント機能しているので要注意です。ただし、リトレースメント23.6に行く場合、結構株価が下落することになるので、まずは38.2を押さえておけばよいと考えます。

NEC株価のテクニカル分析、RSIは70を突破

 次にテクニカル指標のRSIに注目してみます。(動画9:10~)

 逆張り指標として利用できるRSI。そのRSIは現在70を突破しています(売り目線の図を参照)。逆張りの発想で行けば、そろそろNEC株価は下落が近い、とRSIからは見て取れます。

 しかしトレンドが発生した時のRSIは、そのままRSIも相場も一方通行になり、やられてしまうケースも多いので注意が必要。ダイバージェンスが発生していれば・・・、とも思いますが、残念ながらRSIにダイバージェンスは発生しておらず。
 ともあれRSI的にはそろそろ下落か?、という状態に近付きつつあります。
 

NEC株価分析と予想のまとめ

 現在、過去のレジスタンスラインに向けて移動中のNEC株価。まずはこのレジスタンスライン=フィボナッチリトレースメント61.8近辺のラインを突破できるのか?、というのがポイントとなります。このラインを上に抜ければ、上昇トレンド入りしそうですし、3度目の上抜けも失敗ということになると、レンジ状態の継続or下落、ということになりそうです。

 上記分析のように、NECの株価の動きはフィボナッチリトレースメントがうまく効いている値動きでした。今後の株価の動きも、フィボナッチリトレースメントという補助線を引くことで、予想の精度を上げられるのではないかと考えています。

 フィボナッチリトレースメント、効く時には非常に効果を発揮します。上昇するにせよ、下落するにせよ、フィボナッチリトレースメントの影響を受ける可能性が高いと考えられるNECの株価。今後の株価の動きも注目です。

何となく証券会社を利用していませんか?タイプ別にオススメの証券会社をピックアップ

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク