2017年金正恩の北朝鮮崩壊は近い?4~5月の政治日程を確認

 なんだか北朝鮮情勢がきな臭くなっています。ホンマかいな?、と思っていたアメリカ軍による北朝鮮侵攻作戦、微妙にこれまでとニュアンスが違ってきているような。2017年はアメリカ軍の攻撃によって金正恩体制の北朝鮮が崩壊してしまうのか?

 何かあるとすれば、実はもう目前かもしれない北朝鮮情勢。足元の日程表を見ておくだけで、何か見えるかもしれないので、4~5月の政治日程を確認してみます。中国の皇帝陛下がアメリカでトランプ大統領と何を話すのか、非常に興味深いです。

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

オバマ大統領の遺言、北朝鮮を何とかしろ

 オバマ大統領から引継ぎを行ったトランプ大統領。殆どのオバマ大統領の政策をヒックリ返す予定で、TPPは大統領就任早々離脱を表明。そしてオバマ大統領が心血を注いだオバマケアも廃止に向けて、一旦は撤収したものの、再度作戦を練っています。

 そんなトランプ大統領、オバマ大統領からの引き継ぎ事項に、北朝鮮を何とかしろ、というのが入っていたそうです。

トランプ米大統領、北朝鮮が「最大の脅威」 中国高官に語る(CNN)

 政権内に軍人出身者が多数いて、軍事費の増加も容認しているトランプ大統領、こりゃ何かあるだろうなぁ、と思ってはいました。そんな中、北朝鮮はミサイル発射実験を繰り返し、各方面からアメリカ軍の北朝鮮侵攻作戦の現実味を感じる報道が聞こえてきています。

 うーむ、ほんまかいな、と思わないのではないのですが、4月の政治日程を見てみると、何かあってもおかしくない状態。下記が今後の政治日程です。

2017年4~5月の世界の政治日程

 世界の政治日程と言っても、北朝鮮に関係ありそうな部分のみピックアップしています。

・4月6日~7日 中国・習近平国家主席が訪米してトランプ大統領と会談
→トランプ大統領のフロリダの別荘でも会談予定、ゴルフの予定は未定

・4月11日 北朝鮮・最高人民会議、金正恩委員長が党第1書記就任5年
・4月15日 北朝鮮・故金日成主席誕生105周年
・4月25日 北朝鮮・朝鮮人民軍創建85周年

・4月末頃 米韓軍事合同演習終了

・5月3日~7日 ゴールデンウィーク(日本)

・5月9日 韓国大統領選挙

 今日から中国の皇帝陛下とも言うべき習近平国家主席が訪米。トランプ大統領との初の首脳会談に挑みます。安倍総理の時と同じくフロリダの別荘で会談予定。ゴルフをともにするかどうかは未定。個人的には共産党のトップがゴルフをするのは何か違うような気がしますし、習主席側としては対国内のことを考えると絵的に良くないような気が。。。(何せゴルフはブルジョアの象徴扱い、貧困僕別運動をしている指導部のトップがさすがにゴルフはマズイのではないかと)

 米中首脳会談の翌週は北朝鮮で最高人民会議等、イベントが続きます。

 そしてその後、3月1日から既に始まっている米韓軍事合同演習が4月末頃に終了。米韓軍事合同演習はそれこそ金正恩氏のおじいさんの代の金日成時代から、何かとひと悶着ありますが、今回も対抗するようにバンバン北朝鮮はミサイル実験を繰り返しています。

 5月に入ると、北朝鮮には直接的には関係ありませんが、日本は3~7日はゴールデンウィーク(GW)。何年かに1度、GWに何か危機的な事態が発生して日本株の投資家は何も手を打つことができない、何てことがありますが、今年は要注意かもしれません。

 日本がGWを明けると、5月9日に韓国の大統領選挙。目下の所、左派の文在寅(ムン・ジェイン)氏が最有力候補。文氏は左派であり、親北朝鮮路線。金大中→盧武鉉と2代続いた左派政権の際の盧武鉉大統領の最側近。盧武鉉氏が大統領となる前は、同じ法律事務所を運営していたことからも、金大中→盧武鉉路線の正当な後継者と言えます。

 このように日程を並べると4月中に何かあるかも、と思ってしまいます。まさに現在米韓軍事合同演習の最中であり、米軍は韓国付近に展開中。そして5月9日に韓国大統領選で文氏が大統領に当選すると、何かしようとしてもアメリカの軍事作戦の行動の自由が効かなくなる可能性が。

 ホント興味深い日程になってます。

Sponsored Link

その他、北朝鮮問題に関係しそうな様々な状況

 そしてアメリカ他の状況、北朝鮮問題と関係ありそうだよなぁ、というのが下記の状況。

・韓国大統領選挙で左派の文氏勝利の可能性濃厚
→上述の通り。

・米政権内でのティラーソン国務長官の地位低下
→初の海外訪問(特に中国)で子供の使いと言われる等、米国内では散々な言われよう。マティス国防長官とは大違い。

・トランプ政権、オバマケアの撤廃法案提出の見送りで求心力低下
→内政の失敗を外交の成功で取り繕うのは歴史の常套手段

・従軍慰安婦像問題で日本に一時帰国中の長峰駐韓大使の帰任
→なぜこのタイミングで韓国で戻す?

・米軍は北朝鮮を完全に米国に対する脅威と認定
→米軍の司令長官が議会証言で明言、北朝鮮攻撃の理由付けが完成

 まぁ、管理人のバイアスがかかっている部分しか目に入っていないかもなので、そこはご注意を。
 けど何だかきな臭くなってきた感じがします。4月6~7日の米中首脳会談は北朝鮮問題がメイン議題のようなので、どんな話がされるのか興味津々。絶対に外には出てこないでしょうけど。

 THAADミサイル配備が嫌なら、北朝鮮で何が発生しても黙っててね、終わったらTHAADミサイル撤収してもいいから、とか。下々のモノには分かりませんが。

まとめ、トレードの際のリスク管理にはお気をつけあれ

 何だか北朝鮮を巡る情勢がきな臭くなっているので、株や為替のトレードの際はしっかりと損切を置いて、リスク管理はしっかりするようにしましょう。エントリーして損切入れずに夜寝て、朝起きたらもう損切できない程のレートに値が飛んでいた(FXの場合)、となるとシャレになりませんので。 

 色々話は出ていますが、やるぞやるぞ、と先に脅してからやると、相手に防御の時間を与えることにもなるので、結構話題になってしまった今のタイミングでアメリカ軍は仕掛けない可能性もあります。ま、投資家の一人としては、何があっても損切だけは置いておく、変なポジションは極力持たないし持ち越さない、こんなところを4月は徹底するしかなさそうです。

 まずは5~6日の米中首脳会談、報道ベースであってもどんなニュースが出てくるのか、注意して見てみようと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です