株式会社DMM.com証券(外為ジャパン)
ニュース

東芝は粉飾?上場廃止はなさそう、ただ東芝ショックの可能性も

東芝が不適切な会計処理で決算発表が延期になっている問題。果たして東芝は粉飾決算をしていたのか?それとも会計上の問題なのか。大型株が上がった最近の相場、東芝ショックという事態の可能性も。どんな事態になるかまだ分かりませんが、東芝の問題、今後シャープ以上の注目を浴びる可能性もありそうです。

チャートの見方

株価やFXの市場トレンドとは?思った以上に奥の深い世界をご紹介

株やFXで言われる市場トレンド。実はこのトレンド、非常に奥の深いテーマなんです。人間の視線は融通無碍、という特徴がありますが、相場でお金が絡むと、自分の都合よくトレンドを判断してしまいます。トレンドについて一度、じーっくり考えて見ると、相場のレベルアップができるかもしれませんよ。

株価予想

東芝株価の今後の見通しと予想(2017年2月15日版)

不適切会計問題発覚後、下落が続く東芝(東証1部6502)の株価について、今後の見通し及びポイントの予想を行ってみました。長い目で見ればレンジ相場にいる東芝の株価、今後更に株価が下落の場合、レンジ相場を維持できるか、それとも完全に下落相場入りしてしまうのかがポイントとなります。

ニュース

シャープ2015年のリストラ発表、DESは優先株で実施

シャープが2015年のリストラ内容を発表。メインバンクによるDES(デッド・エクイティ・スワップ)は株の希薄化に配慮した内容に。影響と運命を共にすると腹を括ったシャープ。待っているのは倒産か、それとも再生か。リストラの内容と、以前の記事を参考に今後の株価予想を行ってみました。

ニュース

ギリシャ危機2015、デフォルトとユーロ離脱は既定路線?

2015年のギリシャ危機、ギリシャはデフォルトそしてEU離脱か?ユーロ諸国の高官がデフォルトに言及し、ブックメーカーはギリシャのユーロ離脱の賭けが成立せず。IMFの返済、国債の償還等、ギリシャは資金の返済が目白押し。ギリシャ問題、抜本策を取らなければ、当面お付き合いの必要がありそうです。

株コラム

マクドナルドの倒産はない理由はコレ、今後の展開を予想してみた

業績不振の日本マクドナルド。今後マクドナルドはどうなって行くのか?財務的には超優良会社で、倒産、という事態は当面なさそうです。そんな中、今後考えられる展開を3つ考えてみました。アメリカに親会社がある、と言うことで、今後マクドナルドは思わぬ展開が待っている可能性もありそうです。

株価予想

日本マクドナルドHD株価の今後の見通し(2015年12月22日)

日本マクドナルドHD(ジャスダック2702)の株価の今後について、分析と予想を行ってみました。個人投資家が株主優待目当てに株を購入して、なかなか株価が下がらない、とも言われているマクドナルド株。ただし目先は下落トレンド。株主優待目当ての場合でも、トレンドには注意を払いたいものです。

ニュース

シャープが減資へ、生き残りの為なりふり構わず中小企業に

シャープが減資を検討と報じられています。シャープの株価もこの報道を受け下落したようです。ただし減資自体は、株主にとっては、プラスにもマイナスにもならない話。誤解され気味な減資の内容を説明してみました。なりふり構わず生き残りに全力を注ぐシャープ、今後の一挙手一投足に注目が集まります。

株主優待・配当金

マクドナルドの株主優待はお得?利回りを計算すると約3.8%でした!

マクドナルドの株主優待はお得なのか?株主優待チケットのヤフオクの価格と配当金から算出された、日本マクドナルドホールディングスの利回りは約3.8%。若干厳しい利回りですが、株主優待はお金で買えない価値があるのが特徴。マクドナルドの株主優待について調べてみました。

株価予想

セガサミーHD株価の今後の見通し(2015年4月30日版)

日本でカジノ解禁が話題に上る昨今、カジノ関連銘柄として話題に上ることもあるセガサミーHD(東証1部6460)について、株価の分析と予想を行ってみました。下落の後の、戻しで上昇したセガサミーHD株、現在絡んでいるギャンファンを上に抜けるのかor下に抜けるのかが、目先のポイントと考えられます。

株価予想

ヤフー株価の今後の見通し(2015年12月15日版)

ヤフー(東証1部4689)の株価の今後について、分析と予想を行ってみました。米国ヤフーによる、日本ヤフー株の売却方針はありますが、チャートだけで見たら、という観点でご覧頂ければ幸いです。過去に恐るべき成長を見せたヤフー株、現在は「買う」にせよ「売る」にせよ、難しい株価の位置と言えそうです。

ニュース

シャープは液晶でJDIと最終決戦を決意!

シャープの2015年のリストラ内容が明らかに。シャープは中小型液晶に、全投資額の半額を投資する方向に。液晶部門とシャープは運命を共にする様子。うまく行けばライバルのジャパンディスプレイを飲みこむことも可能。ただ、失敗すればシャープは倒産や解体の可能性も。シャープの今後の展開、目が離せません。

ニュース

米国ヤフーが、日本ヤフー株を今後売却すると表明!

米国ヤフーが今後日本ヤフー株を売却する、と表明。経営悪化が止まらない米国ヤフー、噂されていた日本ヤフー株を遂に売却へ。今回の日本ヤフー株の売却、単に株の売却にとどまらず、日本ヤフーにとって事業拡大のチャンスの可能性も。米国ヤフーの事情や、日本ヤフーの事情等をまとめて説明しています。

チャートの見方

株やFXのダイバージェンスの意味とは?実際の使い方の具体例

株やFXで言われる、ダイバージェンスとは?管理人の経験に即して説明しています。またダイバージェンスの新しい考え方の、ヒドゥンダイバージェンスについてもご紹介。RSIだけでなくMACD他でも利用できるダイバージェンス、意識して見ると、新しい相場の視点が得られます。

株価予想

野村HD(野村証券)株価の今後の見通しと予想(2016年6月16日版)

野村HD(野村証券:東証1部8604)の株価を、チャートを利用し「買い」と「売り」の視点で、今後の分析と予想を行いました。目先はレンジ状態で、ペナント(三角保ち合い)も形成中の野村HD株価ですが、テクニカル的にはダイバージェンスが発生しており、注意が必要となっています。

スポンサードリンク