株式投資型クラウドファンディング・ユニコーンに口座開設するとAmazonギフト券2,000円がもれなくもらえる(5月12日まで)

株式投資型クラウドファンディングに、新しい事業者としてユニコーンが参入します。同社最大の特徴は、株主優待を受け取る機会が存在する、という点にあります。

個人投資家から根強い人気のある株主優待の制度を導入するユニコーンの仕組みは、非常にユニークです。

また2019年5月12日までに口座開設を行うと、Amazonギフト券2,000円がもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。

まずはユニコーンの口座開設から始めてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

株式投資型クラウドファンディングのユニコーンがサービスを開始

先日、独立系老舗VCのグロービスによる約360億円の巨額VCファンド設立が報じられましたが、未上場株式投資市場が盛り上がっています。

関連記事:グロービスが360億円の巨額VCファンドを設立、IPO市場は天井の可能性も

しかし個人投資家が未上場株式に投資するルートは非常に限られています。以前は個人投資家が未上場株式に投資する機会は殆どない状態でしたが、現在は株式投資型クラウドファンディングサービスを利用することで、個人投資家も未上場株に投資が可能な環境にあります。

既に株式投資型クラウドファンディングサービスを提供する事業者としては、FUNDINNO、エメラダエクイティ、GoAngelが未上場株式に対する投資サービスを提供しています。

そして新たに株式会社ユニコーンが株式投資型クラウドファンディングサービスを開始しましました。


・国内の株式投資型クラウドファンディングサービスとして新しくユニコーンが登場


関連記事:
投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」のチャレンジに期待

エメラダ・エクイティのクラウドファンディング投資について解説

ユニコーンの特徴、投資先からの配当が期待できる

既に国内では3社が株式投資型クラウドファンディングサービスを提供していますが、新たにサービスを開始するユニコーンの一番の特徴は、

投資先からの株主優待が期待できる

、という点にあります。

経営陣とか投資先の発掘やデューデリジェンスは、余程の実績(トラックレコード)がないと差別化できません。例えばグロービスがメルカリで大きく当てました、といったような。ユニコーンは証券会社やファンド運営の経験者がマネジメントチームに集まっており、今後のパフォーマンスに期待が持てる陣容ではあります。ただしそれは、他の株式型クラウドファンディングサービスも同様のことが言えます(特にサービス開始当初時点では)。

ではユニコーンの最大の特徴はどこにあるか?、という点は、サイトに紹介のある、投資した金額に応じて企業から定期的に株主優待を受け取る機会がある、という点にあります。


・ユニコーンの投資先からは株主優待が期待できる

プロの機関投資家から見れば、株主優待は結構やっかいな存在で、優待出すなら配当か自社株買いをやってくれ、となります。しかし個人投資家にとっては優待の有無は、投資判断を行う上で非常に重要視される内容です。

先日も株主優待の内容を後退させる発表したココスジャパン<9943>の株価が急落しましたし、日本マクドナルド<2702>が優待目的で保有する株主が多く株価が下落しないお話は有名。マーケティングという観点では、ユニコーンは非常に面白い部分を突いているなー、と思います。

スポンサードリンク

口座開設するともれなくAmazonの2,000円のギフト券がもらえる(5月12日まで)

ユニコーンは現在、口座開設キャンペーンを実施中です。5月12日までに口座開設すると、もれなく2,000円のAmzonギフトカードがもらえます。

クラウドファンディング業界は口座開設キャンペーンで直接現金を配ったり、Amazonギフトカードを配るキャンペーンを行うケースが多いのですが、業界としては定番のキャンペーンです。

未上場株式投資に興味はあるけど・・・、という状態なら、まずは口座開設から始めてみてはいかがでしょうか?抽選ではなく、もれなくでありノーリスクでAmazonの2,000円のギフト券をもらえて、未上場株式投資の世界をのぞくことにも繋がります。

今後投資しよう!、と思った際の口座開設の手間も、先に口座開設しておけば省くことができますよ。


ユニコーンの口座開設詳細はコチラからどうぞ

未上場企業投資界の裾野の拡大に期待

事業会社の未上場企業投資が活発化しており、かつてに比べると未上場企業への投資は随分と広がりを見せています。しかし個人投資家が未上場企業に投資する機会はまだ少ない状態です。

機関投資家の間では、VC投資=そんなに儲からない、というイメージがあるため、一般の個人投資家が思い描くほど、未上場企業への投資は儲かるものではありません。それでも当れば一発満塁ホームラン、があるのは事実であり、夢のある投資ではあります。

株式投資型クラウドファンディングは個人投資家の未上場株投資の立派な方法であり、ユニコーンの新規参入で未上場企業投資界の裾野の拡大に期待したいところ。

ご興味あればAmazonのギフト券キャンペーンも行っており、まずは口座開設から始めてみてはいかがでしょうか?


Amzonの2,000円ギフト券がもれなくもらえるキャンペーン中、ユニコーンの口座開設詳細はコチラからどうぞ

ユニコーン

株式投資型クラウドファンディングの関連記事
投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」のチャレンジに期待

エメラダ・エクイティのクラウドファンディング投資について解説

グロービスが360億円の巨額VCファンドを設立、IPO市場は天井の可能性も

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です