ソフトバンクの関連記事まとめ

 日本の株式市場を代表する銘柄ソフトバンク。

 毀誉褒貶ありながらも投資家の期待に応え、今や国内携帯電話3強の座を占めるに至りました。
 日本の株を見る時に、どうしても気になってしかたないソフトバンクの株価。そんなソフトバンクの当サイトの関連記事を、こちらにまとめました。(2016年7月19日更新)

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

ソフトバンク株価の今後の見通し
→ズバリ、ソフトバンクの株価そのものを分析そして予想してみました。

ソフトバンク、アリババ株の含み益は約7兆8千億円
→まさにソフトバンク孫会長の真骨頂。アリババの含み益約7兆円を今後どう生かしていくのでしょうか?

ソフトバンクの年収165億円のアローラ副社長、投資案件の発掘に活躍中
→投資会社への回帰を見せる孫会長。そんな投資事業のパートナーとして選んだのが元グーグル上級副社長のアローラ氏。アローラ氏は孫会長の後継者となるのでしょうか?

あいつ会社やめるんだってさ、ソフトバンクのアローラ副社長が退任
→孫社長が引退宣言を撤回、その結果アローラ副社長は退任へ

ソフトバンクがMVNOでドコモの反撃にあっている件
→MVNOの浸透で国内携帯電話市場でソフトバンクが一人負け状態。ソフトバンクにやられっぱなしだったドコモが静かに反撃に転じています。

ソフトバンク株価が上がらない理由?スプリントが米国4位転落
→恐らくソフトバンクにとって一番の頭痛の種は米国のスプリント。遂に長年の業界第3位の座を明け渡し、4位に転落。スプリントの株価も下げ止まる気配がありません。

米国ヤフーが、日本ヤフー株を今後売却すると表明!
→ソフトバンクは日本ヤフー株を買い増すのか?いずれにしても米国は日本ヤフーの株を手放すことを表明。

ヤフー株価の今後の見通し
→米国ヤフーが売却を表明している日本のヤフー、その株価の分析と予想をしてみました

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株価の今後の見通し
→ソフトバンク孫会長の弟が創業したガンホー。ソフトバンク入りしています。そんなガンホーの株価の分析と予想をしてみました。

ソフトバンクも検討の非上場化がうまく行かない簡単な理由
→最終的に断念したようですが、ソフトバンクが非上場化を検討、と報じられました。非上場化、なかなかうまく行かないんだな、これが。非上場化はしなくて正解じゃなかろうか?

「ソフトバンクの借金が10兆円オーバー、返済の山は2018年と2020年」
→気が付けば借金が10兆円オーバーのソフトバンク、図体がでかくなると借金の返済と成長の両立はなかなか大変そうです

ソフトバンクがスーパーセルの売却を検討、ゲインは約1,000億円?
→久しぶりにソフトバンクの大型キャピタルゲイン獲得はなるか?

ソフトバンクは米国ヤフーの買収(M&A)を考えているのでは?
→資金調達に動いているソフトバンク、次のターゲットは米ヤフー?

ソフトバンクがARM(アーム)を約3.3兆円で買収、ポンド円が鍵を握っていた!
→遂に動いたソフトバンク。次なる買収は、イギリスの半導体関連ARM(アーム)。非常に優良企業ですが、ソフトバンクは更に借金がかさむことに。そこに一抹の不安が。

2016年のソフトバンク社債(ハイブリッド債)は期間25年、絶妙な期間設定
→アームの買収資金に充当するため、ソフトバンクは期間25年と言う異例の長期の社債を発行。現在59歳の孫社長、25年後は84歳。社債の購入可否は、孫社長の健康リスク、という観点も踏まえて検討する必要がありそうです。

ソフトバンクが10兆円の投資ファンド設立へ、借金増加も収束か?
→10兆円の投資ファンド設立で、ソフトバンクは当面の投資資金を確保、孫社長は攻めの手綱を緩める気配がありませんし、これで借金の増加も一段落、とかんがえられます。

 今後もソフトバンク関連の記事をアップする際は、こちらも追加して参ります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク