増田足のお試しにどうぞ、類似のインジ「ぽぬ足」を500円で体験してみる

株式チャートとして根強い人気のある増田足。ただし月間利用料20,000円であり、利用するには正直敷居の高いチャートです。

興味があっても価格が・・・、と思っているならトレードステーションで「ぽぬ足」を試してはいかがでしょうか?トレードステーションは無料で利用できますし、「ぽぬ足」はnoteでお値段500円。このセットで増田足の雰囲気を味わう事ができます。

テクニカル分析の初めの一歩としてもオススメです。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

増田足に興味がある方が意外に多い

増田足というチャートがあります。管理人も一時使っていたことがあり、セミナーにも参加しています。

移動平均をカラフルに加工したチャートで、トレンド相場には強いです。ただし移動平均系のツールの例に漏れず、レンジ相場に弱い、そんなイメージ。


・増田足はこんな感じのチャート

増田足については過去に記事も書いているので、そちらもご参考ください。

関連記事:増田足の使用感、株価チャートとしては高いが利用価値はあり

月20,000円のお高いツールです。だから使う側にも忍耐と勉強が求められます。あと増田足はトレードルールの1つで、増田足のサービスって銘柄相談や解説等、意外に人間的な所に付加価値があります。ツール代として月間20,000円は高い、けどツール回りの人間的な所を考えれば、それ位はするかな、というのが管理人のイメージです。

増田足の公式サイト

増田足の類似インジを発見、その名は「ぽぬ足」

フィボナッチでの相場分析も得意ですが、結構なテクニカルマニアな管理人、面白いテクニカルはないかな、と常に探している部分があります。

そんな中で見つけたのはnoteで販売していた「ぽぬ足」というインジケーター。作者はトレードステーションでインディケーターを数多く作成しているぽぬきち氏です。

画像を見ると、増田足によく似ています。増田足に興味がある方は、まずは「ぽぬ足」を使ってみると面白いのでは?

お値段500円であり、1コインで永久利用可能です。

noteのぽぬ足のページ

管理人は現在、増田足の有料利用していないので両者の比較はしませんが、500円という安さもあり「ぽぬ足」を購入してみました。表示させたのが下記です。


※「画像出典:マネックス証券/日本株取引ツール トレードステーション」
マネックス証券Tradestation
※関連記事:マネックス証券トレードステーション、2018年の新機能(アルゴリズム注文他)紹介セミナーに参加しました!

増田足同様、やはりトレンドが出ている相場には強いです。簡単に取れてます。一方でレンジ相場は弱い、これも増田足と同じ。

管理人、移動平均系のツールは他のツールで結構見てますが、トレンドには強いけどレンジには弱いという弱点は共通してます。だからいかにトレンドの出ている銘柄や商品を見つけてそれでトレードするかが勝負の分かれ目。

増田足の場合は、それを盛り上がっている業界を探るツール等で見つけていく訳で、増田足って増田足を利用したトレード方法の重要なパーツの1つではありますが、それだけで完結しません

だから「ぽぬ足」を使って右から左にトレードしても、勝てるかどうかは別問題。ただし増田足ってこんな感じなのか、という体験はできます。また500円でずーっと使えるので、ぽぬ足を使ったトレード方法を自分で考えるなら、全然利用価値はあります。

トレードステーション+500円が必要となりますが、トレードステーションは無料で利用可能なので、増田足に興味はあるけど敷居が高いなー、と思っているようならぽぬ足を試してみては?

無料で使えるマネックス証券のトレードステーション詳細を見てみる

スポンサードリンク

移動平均系のツールを利用する場合、別途売買ルールを持った方がよい

移動平均系のツールはそれなりに使ってきましたが、個人的には別途売買ルールは容易したほうがいいかな、と思ってます。

増田足は増田足のみでトレードルールが完結する、というコンセプトなんですが、個人的にはそれだけではなんとも・・・、そんな印象でした。

管理人が愛用しているのは別途短めの移動平均を出しておいて、その移動平均とローソク足のクロスを売買サインにする方法。当然レンジ相場の対策は必要ですが、移動平均線という補助線を引く事で移動平均系のツール上でシャープに売買タイミングをとらえることができます。

単純移動平均で短めの期間(20~50の間を目安)を設定して、移動平均系のツールでトレンドを見ながら、ローソク足と移動平均のクロスで実際のトレードをする、そんな利用方法となります。

移動平均系のツールは足元の相場状況の把握に使う、という増田足本来の使い方とは若干異なる利用方法ですが、相場状況の把握に移動平均系のツールは使えます。相場状況の把握ができるのは分かった、じゃあどうやってトレードするのよ、という疑問を全て解決できる訳ではありませんが、一つの方法論としては使えますよ。


・上記のソフトバンクのチャートに期間38の単純移動平均線を表示

まとめ

テクニカル好きの年数も結構立ちましたが、テクニカルオンリーで勝ち切るのは難しいと考えています。

ただしテクニカルは使いようで、エントリーのタイミングをとらえたり、トレンドの方向性をロジックで掴むのに役立ちます。

増田足は密かに人気のチャートですが、月間20,000円は高いよなぁ、と感じるのが通常の感覚です。そんななかで、とりあえず増田足の雰囲気を味わいたい、というのであればトレードステーションで「ぽぬ足」を試してみるのをオススメします。「ぽぬ足」はトレンドの可視化に優れているので、テクニカル分析の初めの一歩としてもオススメできますよ。

noteのぽぬ足のページ

無料で使えるマネックス証券のトレードステーション詳細を見てみる

当記事の関連記事
増田足の使用感、株価チャートとしては高いが利用価値はあり

テクニカル分析を学ぶなら「マーケットのテクニカル秘録」がオススメ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です