2019年のアメリカ株の予想、単なる上昇相場は終了した?、マネックス証券後援のセミナーに参加

京都でマネックス証券が後援するアメリカ株のセミナーが開催。強気派の方のみならず、弱気派の方も登壇しており、マネックス証券の懐の深さを感じるセミナーとなりました。

2019年のアメリカ市場は、少なくとも何も考えずに買っていればよい、という時代は終わったと言えそうです。

スポンサードリンク

京都でアメリカ株のセミナーが開催

投資関係のセミナーは東京や大阪で開催されることが殆どです。大阪のセミナーに参加すると、必ずといっていいほど九州から参加される方がいて、九州の方の投資熱を知ったりします。そんな中、京都でマネックス証券が後援するアメリカ株の投資セミナーが開催され、参加してきました。

2019年相場を考えるのに参考になるセミナーとなりました。


スマホでアメリカ株の取引可能、マネックス証券の口座開設詳細を見てみる

株・投資信託ならネット証券のマネックス

3人の講師のスタンスが微妙に異なる

京都のセミナーは3名の講師が講演、それぞれアメリカ株に対するスタンスが微妙に異なっていました。

・成田博之氏(元機関トレーダー、トレードに関する書籍多数、ラリー・ウィリアムス氏と懇意)
→米大統領選挙の前年は株価が最も上昇する年、という過去の傾向からアメリカ株に対して強気。

・坂本慎太郎氏(元機関トレーダー、現役個人トレーダー)
→企業収益が伸び悩むと予想され、これまでのイケイケドンドン相場は終了。配当の高い優良銘柄への長期投資を推奨。

・石原順氏(現役トレーダー)
→エリオット波動他の観点から2019年は大きな下落を予想、しかし2020年は更なる下落を予想。これまでの買ってホッタラカシにしておいただ誰でも儲かる時代は終わり、トレードの時代に。

同じテーマで、スタンスの異なる講師が3名揃う投資セミナーは珍しいです。マネックス証券後援で、パンローリングとラジオ日経の共催という形のセミナーでしたが、マネックス証券の懐の深さを感じるセミナーでした。だって普通なら、もう今年の株は難しい、なんて講師を証券会社が関与するセミナーに呼ばないでしょうから。。。

ただしネット証券は懐の深い所があって、カブドットコム証券の斎藤社長は経済界恒例の新年会に参加してのインタビューで、2019年の株式市場の下落を予想しており、証券会社の社長が言う事か、と突っ込まれていたので同じものを感じたりします。

スポンサードリンク

セミナーで印象に残った話

当日のセミナーで印象に残った話を2つ取り上げます。

①アメリカには50年以上増配している会社が20社存在する

アメリカには50年以上増配している会社が20社存在する、とのこと。

アメリカは配当重視の会社が複数存在していますが、直近で言えばリーマンショックの影響もなく50年以上増配している会社が20社もあるとは・・・。リーマンショックがあっても減配しなかった会社、というキーワードで探るともっと多くの企業があるハズで、アメリカの株式市場の奥深さを感じる事ができます。

ちなみに30年以上増配を続ける会社は40社以上あります。2016年の記事ですが、ご参考ください。

関連記事:米国株の30年以上連続増配銘柄一覧

配当狙いの投資なら国内銘柄だけではなく、アメリカ株も含めて調べると、選択肢が大きく広がるのではないでしょうか。

③ウォーレン・バフェットは既に現金の比率を高めている

著名投資家として知られるウォーレン・バフェットは既に株高は行き過ぎとして、現預金の比率を高めている、とのこと。リーマン・ショック前と同じ比率だそうです。

バフェットは2017年の段階で、株高は行き過ぎ、と判断して現金多めの状態だそう。一旦利益確定で決済したものの、その後の相場の上昇を見て途中で我慢しきれなくなって再投資に走らない所はさすがだなー、と思ってしまいます。

米国株の時価総額をGDPで割るバフェット指数の紹介がありましたが、これを見るともうアメリカ株は買えない状態。けど証券会社のセミナーでこんなデータ出していいのか?トレードステーションでお世話になってますが、マネックス証券の素直なスタンス好きだなぁ。


・バフェット指数のグラフ

まとめ

投資関係のセミナーは参加する機会も多いのですが、今回のアメリカ株の京都のセミナー、女性参加者が多く驚きました。通常だと1~2割程度ですが、3~4割という印象。管理人はトレードステーション等のマニアックなセミナーが参加の中心ですが、アメリカ株というメジャーな投資商品のセミナーなので、女性参加者多めだったのでしょうか。

2019年の株式市場は日米ともに一筋縄ではいかない、という話はよく耳にします。なかなか2019年の相場は立ち回りが難しそうですが、高配当銘柄が安くなったところを拾う、という戦略は使えるのではないかと。その観点では国内銘柄だけではなくアメリカの銘柄もカバーすると、選択肢が増えます。

移動時間含めると日曜日がほぼ潰れてしまったセミナーでしたが、得るものの多いセミナーとなりました。参加させていただき、ありがとうございました!

・アメリカ株に投資するならマネックス証券が便利です。主要ネット証券では唯一スマホからも取引可能です。3,000以上の銘柄を取り扱っており、選択肢も豊富です。高配当銘柄などアメリカ株に投資するならマネックス証券で行ってはいかがでしょうか?

スマホでアメリカ株の取引可能、マネックス証券の口座開設詳細を見てみる

株・投資信託ならネット証券のマネックス

アメリカ株投資の関連記事
米国株の30年以上連続増配銘柄一覧

目指せ配当金生活、高配当の米国ETFはコレだ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です