USJの親会社、米国コムキャストの株価が右肩上がりだった件

 2015年にUSJを買収したのがアメリカのコムキャストという全米大手のCATV会社。CATV会社、というとフーン、と感じてしまいますが、アメリカはCATVが社会インフラとして機能しているので、その存在感は日本とは比べ物になりません。

 そして何気にコムキャストの株価を見て驚きました。株価は右肩上がりで上昇中。株価を見れば、そりゃUSJも買収できるよなぁ、という状態です。

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

2015年にコムキャストがUSJを買収

 昨年9月、USJがコムキャストという会社に買収されました。USJは昨年のIPO有力候補銘柄だっただけに、関係者はガクンと肩を落としたものです。まぁ、USJの上場は東証が正直色よい返事をしなかった、ということも背景にあったようですが、ゴールドマン・サックス系のファンドが傘下に収めていたUSJ、ファンドのEXITという観点ではM&Aで売却、というのが最も合理的なので、客観的には、さもありなん、という結論となりました。

 その後、コムキャストの傘下に入ったUSJは、IPOの白紙化、沖縄進出の撤回を表明するものの(これは、やはり、という展開でした)、入場者数も伸びて、M&Aがあったとはいえ事業的には順調に進んでいるようです。

コムキャストとは

 コムキャストというのは、アメリカのケーブルテレビ(CATV)最大手の会社。XFINITYブランドで、TV・ドラマを配信しています。アメリカに行くと分かりますが、アメリカでのCATVの存在感は、日本の比ではありません。アメリカではCATVは無くてはならない存在、ついでに言えばアメリカでTVをつければ(当然、CATV)、数十チャンネルから番組は見たい放題です。スポーツやニュースを除くと、この時間帯にこの番組、というのは実はあまりアメリカでは意識されていません。

 そしてコムキャストは単にCATV最大手に留まらず、傘下に3大メディアの1つNBCも抱えていますし、テーマパーク運営のユニバーサルスタジオも抱えています。更に合弁企業で映像配信サービスの「Hulu」も運営しており(日本のHuluは日本テレビが運営していますが)、アメリカではメディアの一大コングロマリットとも言うべき存在となっています。

コムキャストの業績

 ここ5年のコムキャストの業績は下記のように推移しています。

16.8.9コムキャスト業績推移-min

 業績は順調に拡大中。数字だけみると、あっそ、となりがちですが、日本円に直して考えるとコムキャストの姿、全く違って見えてきます。

 コムキャストの15/12期の数字を日本円に直すと、売上高約8兆円、営業利益約1.4兆円。トヨタの16/3期の営業利益が約2.8兆円。トヨタに比べればまだまだって、それにしても営業利益で1兆円オーバーのメディア企業なんですから、アメリカ市場の懐の深さを感じずにはいられません。
 
 日本ではそれこそUSJを買収した会社、とくらいにしか知られていないコムキャストですが、営業利益1兆円オーバーのメディア帝国と言っても過言ではない存在です。

Sponsored Link

コムキャストの株価推移

 では次にコムキャストの株価推移を見てみます。コムキャストはナスダック市場の上場銘柄、ティッカーコードは「CMCS.A」です。下記が月足チャートとなります。

16.8.9コムキャスト株価-月足
https://jp.tradingview.com/x/fZlhToye/
※株価チャートはTrading Viewを利用

 1999年以降の月足チャートですが、見事キレイな右肩上がりのチャートを形成しています。特に2012年以降の株価の上昇はお見事。株式投資はこうじゃなきゃ、という銘柄ですね。

 営業利益が1兆円オーバーで更に業績は順調に拡大していて、株価も長く上昇トレンド。株式投資をするならアメリカ銘柄がいいのかも、と思わず思ってしまう銘柄ではあります。

 ちなみにお遊びですが、超長期で月足チャートを表示するとこんな感じ。

16.8.9コムキャスト株価-超長期チャート
https://jp.tradingview.com/x/3hsq3i1F/

 優良株は長期で保有すると報われる、コムキャストは株式投資の教科書的存在の銘柄となってます。羨ましい・・・。

コムキャストの配当利回りは約1.7%

 アメリカの上場銘柄、配当利回りが高い銘柄も多いのですがコムキャストは約1.7%(2016年8月時点)。この程度の配当利回りなら、日本の銘柄にも多く存在しています。まだ業績拡大中のコムキャスト、配当にお金を使うより、M&A他の事業への投資にお金を使う、というステージなので当然ではあります。

まとめ

 コムキャストの上り調子の株価や業績がこのまま続くかどうかは分かりませんが、アメリカでメディア帝国を形成しているコムキャスト、という会社の一端が見えたのではないでしょうか。

 USJクラスの会社を買収しようとすると、相当なお金持ち会社でないと出来ないわけですが、コムキャストは充分その体力があった会社だった、と言うことが分かります。そしてUSJのIPOを今も期待している向きもありますが、外資系はオールorナッシングの世界ですし、USJを取り込むメリットはあっても、資本を外部流出させるメリットが少ない子会社上場、お金に困っている訳ではないコムキャストがUSJのIPOという選択肢を取る可能性は非常に低い、と考えられます。

 USJ株買いたいと思うのであれば、素直にコムキャストの株を買った方が、報われる可能性高いような気も。少なくとも、下手な日本株よりよさそうな感じがします。

 そんな訳で、USJを買収した会社、という程度で日本ではあまり知られていないコムキャストについて、業績や株価を調べてみました。

 コムキャスト株にご興味を持たれたようなら、アメリカ株を得意としているマネックス証券で口座開設を検討してみてはいかがでしょうか?

マネックス証券の米国株取引の説明を見てみる

USJ及びアメリカ株の関連記事
コムキャストがUSJを買収(M&A)、ゴールドマンは投資を約3倍で回収

USJが沖縄進出撤回を検討、やっぱり・・・

アメリカ株式への投資ならマネックス証券+mt4を試してみては?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です