Tポイントを使ったSBIネオモバイル証券での株式投資実践記(2019/8/25更新)

簿価4,581円で含み損▲54円、1銘柄追加

先週は1銘柄追加購入しました。今月の購入枠はこれで終了なので、来週は様子見です。

配当が入り始めるのは10月からなので、もうしばらくは特に書くことのない報告が続きそうです。ただし9月は3月決算の会社が多いので、このペースでいくのか、少し増やすのか思案中。いずれにしても、現金を使わない、という方針は維持しますが。

このまま当初のルール通り、淡々とホッタラカシで現金を利用せずTポイントで投資を続けます。

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設
関連記事:余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

スポンサードリンク

先週印象に残ったこと

実は先週の前半戦は体調崩して、仕事どころではありませんでした。真夏に40度近くの熱を出してぶっ倒れてました。。。成人してから、真夏に高熱出したの初めてです、恐らく。体調管理は気を付けないといけませんね、ホント。

先週のニュースは韓国一色でした。まさかアメリカの顔に泥を塗ることになるGSOMIAまで破棄するのは意外でした。実は韓国とのゴタゴタばかりで殆どニュースに取り上げられていませんでしたが、アメリカが台湾に最新型のF16戦闘機の売却を決定しています。

アメリカ、台湾にF16戦闘機を売却へ 中国は猛反発(ハフポスト)

アメリカ対中国の対立、という観点ではここ最近では一番デリケートな問題ではないかと。トランプ政権も完全に中国とは対立モード入りしている象徴的出来事といえるでしょう。最新式の戦闘機の売却はかねてからの台湾政府の念願であり、まさに台湾政府としては念願がかなった状態。中国政府は当然猛反発していますが、対立している今だからこそトランプ政権も決断できた可能性があります。

こと台湾問題となると、経済問題抜きに米中の対立は軍事対立にまでエスカレートしかねないので、日本が対韓国の問題で騒いでいる中、実は日本の南側でより大きな問題が発生しつつあるので、要注目です。

8月23日(金)のジャクソンホール会議のパウエル議長の発言の前後から、相場が大きく動いています。先週は夏休みが続いた状態の日本市場でしたが、今週からいよいよ夏休み明けの相場がスタートしそうですね。

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設
関連記事:余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です