Tポイントを使ったSBIネオモバイル証券での株式投資実践記(2019/8/5更新)

簿価2,186円で含み損▲110円

先々週は土曜から出張していたため、本報告をお休みしました。ちなみに殆ど変化がありませんでした。

1週間の間がありますが、Tポイント投資のポートフォリオに変化はありません。含み損が若干膨らんだ程度です。

トランプ大統領が対中国に向けての関税を9月に引き上げる、といきなり表明して日米ともに株価は急落しており、本ポートフォリオも影響を受けた形となっています。

基本的にはTポイントを使って、現金使わずに株式投資をしているので、コストゼロ。そんなに金額多くないこともありますが、株価が下がろうがホッタラカシで気楽な状態です。投資方針は下記をご覧ください。

関連記事:SBIネオモバイル証券でTポイント投資を始めてみた、ノーリスクの投資でどこまでやれるのか?

先週印象に残ったこと

夏のIPO、今年もそこそこ件数が出ていますが、久しぶりに出てきたバイオベンチャーのステムリム。Zuu Onlineにも寄稿させていただきました。

「ステムリム」新規上場(IPO)初値・株価見通しは?ビジネスモデル解説ほか(Zuu Online)

ただねその後、ブックビルディングの結果、最低価格で価格が決定されなかなか渋い結果が出ています。8月9日(金)のIPOですが、波乱の予感。バイオベンチャーは値付けが難しいとはいえ、主幹事のSMBC日興証券は完全にやらかしてしまったなぁ、と思います。

ちなみに今週から金融市場は例年通りなら夏休みモード突入です。海外投資家もバカンスに入るケースが多いので、例年通りなら動かないor動いたも突飛な動きになりがちです。ただし今年はFRBの利下げと米中貿易摩擦があるので、若干勝手が違うかもですが。

まぁ、分からない時は無理にトレードしないのは鉄則なので、今週と来週の2週間は決算を眺めながら様子見がちょうどよいのかな、と思います。

今週から8月本番、月が新しくなったので銘柄と株価見て変えるようなら1銘柄買ってみようと思います。

今週も頑張りましょー。

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設
関連記事:余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です