Tポイントを使ったSBIネオモバイル証券での株式投資実践記(2019/9/9更新)

簿価6,521円で含み損▲229円

先週は1銘柄を購入。約2,000円分を購入しており、本来の月の購入枠はほぼ終了。ただし3・9月決算の会社が多いので、今月はもう1~2銘柄を購入予定です。

1週間様子を見て来週購入します。

先週の含み損が▲206円だったので、若干含み損が拡大していますが、金額少ないので気楽なもんです。金額少ない投資は気楽にやってしまうのが諸刃の剣ですが、Tポイントを利用して一切現金使ってないので、最悪の場合でも現金の被害はないのでノンビリ構えています。

けど高配当銘柄は含み損になりやすい、というのが経験則ですが、そのままの推移を見せています。。。

投資方針については下記をご覧ください。

関連記事:余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設

スポンサードリンク

先週印象に残ったこと

3・9月決算の会社が多いので、配当の高いよさげな銘柄はないかな、とタマに探しているのですが、探すと配当利回り5%オーバーの銘柄は銀行や証券銘柄が多いですね。

知ってはいたのですが、再認識。メガバンク3グループが揃って配当利回り5%近辺というのは軽い驚きでした。

ただし銀行業が人口減少でマイナス金利政策導入の日本において成長するかというとそんな簡単ではなく、メガバンクは海外でどうにか活路を見出せるかもですが、地銀は厳しそう。ただし今後地銀は再編も予想されるので、勝ち組地銀の銘柄を買っておくとよい結果を生む可能性もなきにしもあらず。

当サイトのみずほFGの株価解説記事は長らくヒット記事なのですが、やはり配当狙いでみずほ株を購入される方が多いようです。

関連記事:みずほFG(みずほ銀行)株価の今後の見通しと予想(2019年9月4日版)

ちなみに三井住友FGの配当利回りが9月6日の時点だと5%オーバーでみずほFGを上回っており、今後は三井住友FG株のほうが人気出るかもしれません。

今月じっくりと分析してみようと思います。

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設
関連記事:余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です