CATEGORY 株価予想

株価予想

三菱UFJ-FG(三菱UFJ銀行)株価の今後の見通しと予想(2019年5月27日版)

三菱UFJフィナンシャル・グループ(東証1部8306、東京三菱UFJ銀行)の株価について今後のポイントを予想してみました。10年の株価で見ると、まだまだ上値余地のある三菱UFJの株価。2015年は上昇で始まりましたが、今後の株価は最高値をブレイクするか、もしくは700円を割れるかが、ポイントとなります。

株価予想

トヨタ自動車株価の今後の見通しと予想(2018年4月18日版)

トヨタ自動車(東証1部7203)の株価について、今後の見通し及び予想を行ってみました。上下に窓があったり、下に強いサポレジがあったりと、レンジ相場の可能性があります。しかしトヨタは近年配当金が急増しており、無理に売買せずに継続保有というのも一つの選択肢となりそうです。

株価予想

日本郵政の予想株価1,350円、ヤマト運輸ではなくメガバンク(銀行)が類似会社だった!

日本郵政の上場時の予想(想定)株価は、メガバンク(銀行)株を参考に設定されています。実はヤマト運輸の株価ではありませんでした。ヤマト運輸と比べると割安に設定されている日本郵政の株価、果たして上場後にどんな値動きとなるのでしょうか?注目せざるを得ません。

株価予想

かんぽ生命の予想株価2,150円、同業他社より配当はいいが特徴の無い値付け

かんぽ生命の上場時の予想株価は2,150円。PER、PBR、配当利回りを他社と比較すると、無難な株価の付け方ではありますが、コレといった特徴の無い株価の付け方でもあります。この無難な株価設定は、果たして今後どんな結果をもたらすのでしょうか?また今後の配当政策には注目です。

株価予想

ゆうちょ銀行の予想株価1,400円、PERは割高でPBRは割安で悩ましい・・・

ゆうちょ銀行の上場時の想定株価1,400円をPER、PBR、配当利回りという観点で検証してみました。メガバンク3行と比べると、PERは割高・PBRと配当利回りは若干割安、という水準。ゆうちょ銀行の株価1,400円という水準は、非常に悩ましいです。主幹事・野村証券の苦心の跡が見えます。

アメリカ株・外国株

アップルの株価は正念場、ただしアメリカンドリームは既に達成

四半期決算の開示後にアップルの株価が急落。それでも、これまでの株価推移を見れば、まだアップル株価は高値圏。ただしアップルの株価自体は、上に行くのか下に行くのか正念場にあります。株価はアップルの新商品や新サービスの行方が握っており、アップルの動向からは目が離せません。

株価予想

三井住友FG(三井住友銀行)株価の今後の見通しと予想(2018年6月21日版)

三井住友フィナンシャルグループ(東証1部8316、三井住友銀行)の株価の今後について、ポイントを予想してみました。コーヒーカップという特徴的なチャートを形成の三井住友FGの株価、レンジ状態であり上に動くかor下に動くかは、何とも言えない面が。レンジをブレイクの際には大きな動きがありそうです。

株価予想

東芝株価の今後の見通しと予想(2017年2月15日版)

不適切会計問題発覚後、下落が続く東芝(東証1部6502)の株価について、今後の見通し及びポイントの予想を行ってみました。長い目で見ればレンジ相場にいる東芝の株価、今後更に株価が下落の場合、レンジ相場を維持できるか、それとも完全に下落相場入りしてしまうのかがポイントとなります。