MT4が利用できる国内取引所BITpoint

東証2部上場のリミックスポイントグループに所属する仮想通貨取引所運営会社がBITPointです。

同社は上場会社のグループ会社という点のみならず、MT4が利用可能な国内事業者であり、また送金手数料が無料という特徴を有しています。

BITPointの特徴についてまとめてみました。

BITPointについて

BITPointは国内仮想通貨取引所を運営企業です。東証2部上場のリミックスポイント(3825)が主要株主となっています。

特別顧問に元金融庁長官で弁護士の日野正晴氏を招へいしている、というコンプライアンス重視の姿勢を打ち出している企業として知られています。

そんなBITPointですが仮想通貨取引の観点から見た最大の特徴は、MT4が利用できる、という点です。

MT4とは

MT4とはロシアのメタクォート社が提供のFXトレード及びチャートソフトを指します。FX界では世界的に有名なソフトであり、多くのFX会社がMT4サービスを提供しています。

MT4は非常に多機能なチャートソフトであり、有料・無料含め非常に多くのインディケーターと呼ばれる、チャート分析ツールも存在。インターネット上で検索すれば、多くのインディケーターを探すことができ、自らのトレードスタイルに合わせて多くのFXトレーダーがMT4を利用しています。

またMT4はFXトレードの自動売買プラットフォームとしても利用可能です。よって裁量トレードのトレーダーのみならず、システムトレーダーにも愛用されている取引ツールとなっています。

MT4はビットポイントFXで利用可能

BITPointでは現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFXの3種類のサービスを提供中です。

その中でMT4が利用できるのはビットポイントFX。ビットポイントFXでは下記の仮想通貨取引ペアの取引が可能となっています。

・ビットコイン/円
・ビットコイン/米ドル
・ビットコイン/ユーロ
・ビットコイン/香港ドル

尚、ビットポイントFX取引に際してはビットポイントFX口座だけではなく、通常の総合口座の開設も必要となります。通常口座では上記の4種に加え、ビットコインキャッシュ/円、イーサリアム/円、ライトコイン/円、リップル/円の取引も可能です。

送金手数料が無料

BITPointはビットフライヤーなど国内大手取引所運営企業に比べると、まだユーザーも少ない状態にあります。よって取引の際のスプレッド(売りと買いの幅)が広い、大口注文を入れると値が飛ぶ等のデメリットが存在しています。

しかしながら送金手数料が無料、という特徴もあります。海外取引所等に送金を行う等、ガッツリ仮想通貨取引を行う場合、送金手数料はバカになりません。

海外取引所を積極的に利用するなら、BITPointの口座開設は様々な選択肢を増やすことに繋がりますよ。

まとめ

ビットフライヤーやコインチェックに比べると知名度は劣りますが、MT4が利用できる国内仮想通貨取引事業者として、BITPointはトレーダー的な仮想通貨取引を行っている方には知られた存在です。また送金手数料が無料であることから、海外取引所を積極的に利用している方が利用の取引所としても知られています。

仮想通貨のMT4は海外事業者でサービスを提供の企業は存在しますが、現状国内ではBITPointのみです。データの正確性という観点からは、MT4利用の場合デモ口座より、リアル口座の利用が必須と言えます。よってMT4を利用しての仮想通貨取引を行うのであれば、BITPointの口座開設は必要不可欠とも言えます。

MT4利用という観点、また海外取引所を利用の際に送金手数料が無料という観点から、BITPointにまずは口座開設を行ってはいかがでしょうか?

BITPoint口座開設詳細を見てみる

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です