フィボナッチを利用したFXトレードの解説書を作成しました!

 「株価プレス」というサイトを運営しながら、実は現在のトレードの中心はFXとなっている管理人。フィボナッチを使って相場を分析して・・・、というのは株もFXも変わりないのですが、この度「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」というテキストを作成しました。

 フィボナッチを使って相場分析するだけでなく、実際にどのようにトレードするのか、と言う実践的な内容にまで踏み込んだ内容となっています。FXトレード向きの内容となっていますが、なるべく株式トレードにも応用できる方法を記載しています。

 当サイトでフィボナッチ分析にご興味を持たれたFXや株のトレーダーや投資家の方で、より実践的な内容をお求めの方、FXトレードを始めたばかりで他人のトレード事例をあまり見たことが無い方等、幅広くお役に立てる内容となっています。

「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」について

 既に「トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎」という解説書をnoteで販売しています。お陰様で毎月コンスタントに売れており、概ね好評をいただいています。そして今回、FXトレード向けに内容を大幅に増強して「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」というテキストを作成しました。

 内容としては「トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎」はフィボナッチ・リトレースメントを利用した相場分析、という観点から執筆しましたが、今回は新たに章を加えて、実際にどのようにフィボナッチを利用してトレードするのか、という実践的な観点からの解説も行っています。

 前半の、そもそもフィボナッチとは?、という部分はnoteからの引用が多いのですが、後半の実践的な部分は、全く新規で執筆しました。よってnote購入者の方であっても、充分参考いただける内容となっています。

 フィボナッチの利用に慣れると、相場分析は相応にできるようにはなります。ただし「相場分析ができる」と「実際にトレードで収益を上げる」との間には大きな壁があり、分析ができてもトレードで収益が上げられない・・・、と悩む方も実際におられます。

 本解説書は、noteの「トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎」に、全く新しい「フィボナッチをFXトレードで活用する実践編」という新たな章を設け、「分析できる」と「利益を上げる」との間にある大きな壁を乗り越えるためのヒントを散りばめました。
 どのようにラインを引くのか、どのようなタイミングでエントリーを行うのか、という点を具体例とともに紹介しています。

 またFXトレード用がメインとはなっていますが、株式トレードにも応用できる考え方をベースに執筆しており、株式の投資家やトレーダーの方にもフィボナッチを利用した実践的なトレード方法に触れていただくことが可能となっています。


導入部分はこんな感じです

「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」の目次

 「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」の内容について、参考までに下記に目次を掲載します。

第一章:フィボナッチをFXトレードに利用するための基礎
1.フィボナッチとは
2.フィボナッチ分析で利用する数字
3.フィボナッチ・リトレースメントの基本的な使い方
4.フィボナッチ・リトレースメントをチャートに引く方法
5.相場におけるフィボナッチ数字の考え方
6.本音でフィボナッチを利用したトレードを説明してみる
7.フィボナッチによる相場分析の欠点と改善方法
8.合わせ技を利用したフィボナッチ分析
9.フィボナッチ分析の最大の効果は有効な補助線を引けること

第二章:フィボナッチをFXトレードで活用する実践編
1.エントリータイミングの取り方、テクニカルを利用するという選択肢
2.具体的なエントリー地点と損切りはセットで考えること
3.決済について
4.具体的なトレード例

第三章:最後に
1.奥が深すぎるフィボナッチの相場分析の世界
2.株のトレードへの応用方法
3.まとめ

 約19,000字の内容を多数の画像を添えて解説しています。

 今回の解説書はFXトレード向けということもあり、外為ジャパンとのタイアップ企画、としてお話を進めることができました。よって外為ジャパンの口座を開設し、要件を満たした方に配布させていただきます。配布条件はリンク先よりご確認ください。

外為ジャパンの口座開設詳細を見てみる

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン)

最後に

 管理人もそうでしたが、フィボナッチを使って相場の分析ができるようになっても、実際に利益に繋がらない・・・、ということが多々あります。その壁の乗り越え方は、人それぞれなのですが、分析とタイミングを別々に考える、という方法が壁を乗り越えられるヒントにはなるのではないかな、と考えています。

 また、あまりフィボナッチに馴染みが無い状態で本解説書を読む方であれば、フィボナッチでの相場分析→実際のトレードでの利用、という一連の流れを知った上で各種の試行錯誤ができるので、トレードの上達も早まる可能性があります。

 フィボナッチにも使い方に色々流派があり、またトレード方法も人それぞれなので、絶対的な正解はありません。本解説書はテクニカルマニアという方面から相場に足を踏み入れて、その後フィボナッチ使いになった管理人のベースとなっている、相場分析+トレード方法を解説しています。

 よろしければ今後のFXや株式トレードのお伴として「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」をご利用いただければ幸いです。

 尚、お決まりですが投資やトレードはあくまでも自己責任。その点を踏まえての活用をお願いいたします。

口座開設は下記よりどうぞ
外為ジャパンの口座開設で「フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書」をプレゼント

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン)

スポンサードリンク
スポンサードリンク