ディーゼルエンジン関連銘柄を調べてみました

15.10.26ディーゼルエンジン-min

VWの排ガス不正で信頼感が揺らいでいるディーゼルエンジン。今回のVWの排ガス不正問題、まずはVWのディーゼルエンジンが問題となっており、他社のディーゼルエンジン車に影響がない可能性はありますが、ディーゼルエンジン全体のイメージ悪化は避けられません。

 日本では殆ど普及していないディーゼルエンジンですが、国内にはディーゼルエンジンの部品等を取り扱っている自動車部品メーカーが多く存在しています。日本ではあまりなじみの無いディーゼルエンジン車ですが、国内のディーゼルエンジン関連銘柄をピックアップして、2年分の週足チャートを並べてみました。

スポンサードリンク

自動車メーカー:マツダ(東証1部7261)

 独自開発のディーゼルエンジンを有し、国内のディーゼル車のシェア圧倒的ナンバーワンなのがマツダ。ただしVWのディーゼルエンジンとはエンジンの仕組み自体が全く違い、マツダにVWの排ガス不正の問題は直接的な影響はありません。
 マツダとしてディーゼルエンジン車の拡販に力を入れようとした矢先のVWの問題。直接的な影響はなくとも、今後のマツダのディーゼルエンジンの戦略に今回のVWの問題はどう影響してくるのでしょうか?

15.10.26マツダ株価-2年週足-min

コモンレール:デンソー(6902)

 デンソーはディーゼルエンジンに特有の燃料噴射システム「コモンレール」を世界で初めて実用化。「コモンレール」では世界3大メーカーの一角。

コモンレールはこの動画が詳しいです

 デンソーはマツダを始め、多くの海外メーカーに「コモンレール」を提供しています。

15.10.26デンソー株価-2年週足-min

ERGクーラー:ティラド(東証1部7236)

 ディーゼルエンジンの「ERGクーラー」(排ガス再循環システム)で大手のティラド。

15.10.26ティラド株価-2年週足-min

ターボチャージャー:三菱重工(東証1部7011)

 実は三菱重工は自動車部品も手掛けており、ターボチャージャー(過給器)では世界的大手。

15.10.26三菱重工株価-2年週足-min

ターボチャージャー:IHI(東証1部7013)

 三菱重工同様、IHIもターボチャージャーでは世界的大手。
 三菱重工、IHIともに船舶用エンジン等の大型エンジンでターボ技術を磨いてきた会社。その技術を自動車向けに応用し、現在に至っています。

15.10.26IHI株価-2年週足チャート-min
スポンサードリンク

排ガス浄化装置:日本ガイシ(東証1部5333)

 ディーゼルエンジンには欠かせない排ガス浄化装置。日本ガイシがポーランド工場で製造するDPF(粒子状物質低減装置)の最大のユーザーがVW。VWのディーゼルエンジンは、排ガス浄化装置で排ガスをクリーンにする、という部分に力点が置かれており、日本ガイシはその排ガス浄化装置の部品を提供。VWの排ガス不正問題、直接の影響が懸念されます。

15.10.26日本ガイシ株価-2年週足-min

排ガス浄化装置:イビデン(東証1部4062)

 日本ガイシと同じくDPFを製造。実はイビデンのサイトのクリーンディーゼルを説明したサイト、なかなか分かり易くてオススメです。イビデンはDPFをフランスとハンガリーで製造。
イビデンのサイト:「クリーンディーゼル大作戦」

15.10.26イビデン株価-2年週足-min

排ガスセンサー:日本特殊陶業(東証1部5334)

 日本特殊陶業=NGKと言えばスパークプラグですが、近年は排ガスのセンサーにも注力。センサーの情報をもとにエンジン内の空気と燃料の混合比率を最適化するため、ガソリンエンジン以上に排ガスが問題となるディーゼルエンジンでは排ガスセンサーの役割が重要となります。

15.10.26NOK株価-2年週足-min

排ガスセンサー:堀場製作所(東証1部6856)

 直接自動車に搭載はされませんが、VWの排ガス不正を見抜いた際に利用されたのは堀場製作所のセンサー。堀場製作所、実は元祖学生ベンチャーの会社です。 創業者の堀場雅夫氏は今年の7月に死去されています。管理人、生前1度だけ堀場雅夫氏の講演会を聞く機会を得ましたが、さすがバイタリティーあふれるお方でした。元祖学生ベンチャー、との言葉がピッタリだなぁ、と思いました。

15.10.26堀場製作所株価-2年週足-min

まとめ

 日本では殆ど普及が進んでおらず、タマにマツダのCX-5(ディーゼルエンジン)を街で見ると珍しいー、と興味津々で見てしまう管理人ですが、意外や意外案外ディーゼルエンジンに関係している国内メーカーは多く存在しています。海外メーカーとの取引も多い自動車部品メーカー、それだけヨーロッパではディーゼル車が普及していた、という証拠とは思いますが、結構意外でした。
 尚、ダイハツディーゼル(東証2部6023)は名前の通りディーゼルエンジン関連の会社ですが、船舶用のディーゼルエンジンが主力なので、取り上げませんでした。

 VWの排ガス不正問題、ディーゼルエンジンというエンジンの問題以上にエコカーの未来像に大きな影響を与える可能性が高そうです。モーターで動く自動車の本格普及が前倒しになる可能性も言われ始めています。

 ドイツは国民の7人に1人が直接的・間接的に自動車製造によって生計を立てているそうですが、ドイツ程ではないにせよ、日本経済にも大きな影響を有している自動車産業。VWの問題、直接的な影響のある会社は少ないようですが、その間接的な影響は日本の自動車産業にとっても少なからず生じそうです。

 以上、自分の備忘録兼ねて国内のディーゼルエンジン関連銘柄をピックアップしてみました。

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク