SBIネオモバイル証券でTポイント投資を始めてみた、ノーリスクの投資でどこまでやれるのか?

SBIネオモバイル証券を利用してTポイントでの株式投資でどこまでやれるのか、実践してみます。

色々と計算すると月2,000円程度はTポイントで投資可能であり、投資のルールを決定してスタートしました。

現金を用意せずノーリスクでのホッタラカシ投資、最終的にはどんな結果となるのでしょうか。

投資実践記録、最初の記事は下記となります。
Tポイントを使ったSBIネオモバイル証券での株式投資実践記(2019/7/14更新)

スポンサードリンク

SBIネオモバイル証券ならリスクゼロで株式投資ができる

4月からサービスを開始したSBIネオモバイル証券は、Tポイントを利用して株式投資ができます。また単元株ではなく、1株単位で投資が可能。コレは実はスゴイことで、Tポイントを使えば現金使わずリスクゼロで株式投資が可能、ということに他なりません。

便利な時代になったなー、と思いつつ、けど本格的な投資にはならないよね、との思いも。ホントに使えるのか?、との思いもあって実際に試してみることにしました。

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設
関連記事:余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

投資ルール:その月の配当の高い銘柄を買う、ただし銘柄は選ぶこと

色々計算すると過去にたまったTポイント(全く使ってない・・・)と毎月貯まるTポイトで、毎月2,000円程度はSBIネオモバイル証券での株式購入に充てられることが判明。月2,000円分もあれば楽しめるはず、ということで下記ルールを決めました。

①高配当銘柄を買う→リスクゼロで毎月の配当を得られるシステムの構築
②可能な限りその月の配当の高い銘柄を買う
③財務内容が健全で倒産リスクの少ない会社、株価が高すぎない会社等、投資銘柄は選ぶ
④月に4週間あるので投資するのは2~4回に分ける
⑤株価が約2倍になったら売却、損切りはしない
⑥銘柄名の開示はしないが資産推移はサイトで記事化する

やっていくうちにもう少しルールは増えるかもですが、まずは上記でスタートさせました。実際に、既に約1,000円で某銘柄を購入しています。

上記の④が自分では上手いとおもっていて、投資家のポジポジ病対策です。1回にドンと買ってしまわぬよう、少なくとも月の購入は2回以上に分ける予定です。人間投資しようとすると一気に投資してしまいがちです。そして一気に資金を失いがち・・・。投資タイミングを分けるも実践します。

あと実験的にサイトで資産推移を週ベースで記事にしていきます。当サイトにとり初の投資実践記事となります。さすがに銘柄名の開示はしません。ただ少し調べれば分かるような・・・。

あんた株式投資下手だね・・・、と笑われても全然OK。何せリスクゼロですので。最悪全銘柄外して倒産しても、失うものはTポイントのみです。(正確にいうと月200円のSBIネオモバイル証券の手数料がありますが、Tポイント200円分貰えるので相殺できます)

スポンサードリンク

ホッタラカシ投資の実践

恐らくそんなにパフォーマンスは期待できません。ただしどこかのタイミングで、継続的に昼のランチ代程度は出るようになるはず。昼のランチ代程度でも、毎月定期的な収入があれば人間嬉しいものです。

FXや先物でバタバタ投資するのが大好きな管理人ですが、投資の原点は株式投資にあります。配当投資は資産効率悪いよなー、と殆ど手掛けていませんでしたが、リスクゼロのTポイント投資なら試す価値はあるかなと。損切りしないルールにしたので、完全なホッタラカシ投資が可能になります。

レバも掛けないし、そもそもコストゼロの投資だからこそホッタラカシ投資ができるはず。実践の過程で、色々問題点も見えてくるかと思いますが、それはそれで随時修正しますが、基本的にはホッタラカシ投資でどこまでできるかやってみようと思います。

我流の投資方法ですが、下記の『配当パワー投資入門』を参考にルールを作っています。

関連記事:高配当株投資の本『配当パワー投資入門』は配当投資入門書としてオススメ

まとめ

投資はお金を増やすのが目的であってハラハラドキドキを求めるものではありません。けどね、分かっていても短期売買はやめられない・・・。

以前参加したセミナーでマネックス証券の松本会長が、儲かる投資ほどつまらない投資、と仰られていましたが分かる部分はあります。SBIネオモバイル証券でのTポイントを利用した投資は、大口投資はできませんが投資の最初スタートとしては面白いのではないかと。

そんな訳で、昔の気分に戻って擦れてない新鮮な気分で株式投資に取り組んでみます。

当面は金額少なくつまらないかもですが、週次で実践記事もアップ予定です、既に約1,000円は投資済み。多少なりとも日本の株式投資の裾野の拡大に貢献できれば、と考えてもいます。

リスクゼロのTポイント投資でどこまでのことができるのか、やれるところまでやってみようと思います。(実践記の最初の記事は下記となります)
Tポイントを使ったSBIネオモバイル証券での株式投資実践記(2019/7/14更新)

SBIネオモバイル証券の口座開設詳細を見てみる
SBIネオモバイル証券 口座開設

当記事の関連記事
余っているTポイントで1株から株が買えるSBIネオモバイル証券、配当株投資にオススメ

現金を使わず株式投資を行う方法、SBIネオモバイル証券とヤフーカードの組み合わせ

高配当株投資の本『配当パワー投資入門』は配当投資入門書としてオススメ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です