みずほFG(みずほ銀行)株価の今後の見通しと予想(2017年2月6日版)

 みずほ銀行を中核とするみずほフィナンシャルグループ(みずほFG:8411)の株価の今後を予想してみました。日本を代表する大手金融機関のみずほグループですが、なかなか株価が上がらないことでも有名?

 日本を代表する大手金融機関のみずほグループ。アベノミクス景気以降、さすがに不良債権云々の問題は聞かなくなりましたが、なかなか株価が上がらないことでもその筋では有名。とは言え、2015年は全体的な株高でみずほFG株も上昇トレンドでした。しかしながら2016年に入ると日本株全体と同じく、下落トレンドに突入しています。

 しかし11月のアメリカ大統領選挙でトランプ氏が当選を手にしたとともに、みずほFG株は急騰。節目の200円を回復しました。今回の上昇はアメリカ市場でトランプ相場とも言うべき金融株の上昇が背景にあります。さて立ち上がったみずほFGの株価は今後目先の高値280円を目指していくのか?

 ようやく明るい話題の出始めたみずほFGの株価、今後の行方に注目です。(2017年2月6日更新)

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

みずほフィナンシャルグループの業績推移

 まず最初にみずほFGの過去の業績推移を見てみます。

16.5.20みずほFG-業績推移-min

 2015/3期→2016/3期は他の企業同様、経常利益で減益ですが、それでも1兆円近い経常利益を上げています。もう完全に過去の不良債権とおさらばできている、という決算状況となっています。

みずほフィナンシャルグループの配当金推移、配当利回りが高いみずほFG株

 みずほFGの配当金はこれまで下記のように推移しています。

みずほフィナンシャルグループの1株当たり配当金推移
2010/3期8.0円→期末8.0円
2011/3期6.0円→期末6.0円
2012/3期6.0円→中間3.0円+期末3.0円
2013/3期6.0円→中間3.0円+期末3.0円
2014/3期6.5円→中間3.0円+期末3.5円
2015/3期7.5円→中間3.5円+期末4.0円
2016/3期7.5円→中間3.75円+期末3.75円
2017/3期7.5円→中間3.75円(確定)+期末3.75円(予定)

 2010/3期1株当たり8円配当だったみずほFG株ですが、その後は6円配当で推移。2014/3期に6.5円と増配し、2015/3期に7.5円まで増加。そして2016/3期、2017/3期(予想)も2015/3期同様1株当たり7.5円の配当が予想されています。

 みずほFGの株価を200円で計算すると配当利回り約3.7%。

 実はみずほFGは高配当銘柄と言えます。みずほFGクラスの大型株が配当利回り約3.7%ってなかなかありません。実は当サイトの中でも、こちらのみずほFGの株価分析記事、人気記事なのですが案外そんな所に理由があるかもしれません。

みずほフィナンシャルグループの株価推移と高値と安値

 3行合併の効果を活かしきれていない、とも言われているみずほFG、まずは過去10年分の株価チャートを見てみます。

16.8.25みずほFG株価-月足-min
※「画像出典:マネックス証券/日本株取引ツール トレードステーション」、以下同様

 このチャートを見ると、みずほFGの株価は上がらない・・・、と言うイメージが持たれるのもやむを得ない状態。ここ10年でのみずほFGの最高値と最安値は下記となります。

・みずほFG株価の最高値→1,010円(2006年7月)
・みずほFG株価の最安値→98円(2011年11月)

 
 尚、2016年11月17日の終値は197.9円でした。

 上の株価=理想ばかり見ていても、どうにもならないので、次に現実的に5年分の月足チャートを見てみます。

 5年の月足チャートを見ると、2016年に入って下落しているみずほFGの株価ですが、これまでの上昇の押し目をつけている、と考えられなくもありません。10年の株価推移で見ると、現在の株価水準はお話になりませんが、5年で見た時にどう判断するかが、分析のポイントと言えそうです。

 ちなみに上記の5年月足チャート、みずほFGの株を既に持っていると、一旦押し目を付けて今後上昇しそうに見えるチャートの形になっています。けど売り目線でみれば、逆に下落が一旦止まった所と見えます。

 人間のパータン認識能力は、結構自分に都合よく解釈してしまいますが、それが体験できるチャートの形ではないかと。

スポンサードリンク

みずほFG株価の現状認識

 みずほFGの株価は、現在は150〜190円のレンジ相場から抜け出した状態(6ヶ月日足チャート)。

 2016年6~7月に140円台に突入して、底割れか?、とも思われたみずほFGの株価ですが、どうにか底割れは回避し、160~170円台まで株価は回復。2016年は2月以降ズーッとレンジ相場が続いていました。

 ところが11月にアメリカの大統領選でトランプ氏の当選が決まるとともに、一気にみずほFG株も上昇を開始。アメリカのトランプ相場の主役は金融株が演じていますが、その恩恵をみずほFG株もこうむっている形となっています。そのおかげでみずほFGも株価200円を回復しています。

 そして200円を回復して、株価は一息ついている状態。200~220円付近で再びレンジ相場を形成しつつあるようにも見えます。

 では次に、このままみずほFG株価が上昇を続けた場合と下落するケースについて、考えてみます。

みずほFGの株価が上昇を続ける場合

 みずほFGの株価が今後も上昇を続ける場合のポイントは、週足チャートにフィボナッチ・リトレースメントを引くと一目瞭然。尚、フィボナッチ・リトレースメントについては下記をご参照ください。

関連記事
フィボナッチ・リトレースメントでの相場分析方法について

フィボナッチを利用したFXトレードの解説書を作成しました!

 リトレースメント61.8%の230円付近は以前サポレジを形成しており、11~12月の上昇時に跳ね返されています。よって今後上昇となった場合、まずは61.8%の230円付近を上に抜けることができるかどうかがポイント。
 そして次はフィボナッチの教科書通り76.4%から88.6%の250円~270円付近がポイント。みずほFGは前回の下落の際に230~260円付近でレンジ相場を形成しかけており、今後上昇の最は230~260円付近の以前のレンジ相場が意識される可能性が高いと考えられます。
  
 そして上記のポイントを全て上に抜けて行くと、目先の高値280円到達となります。

みずほFGの株価が下落する場合

 既にトランプ相場も一息入れており、今後株式市場自体が下落に転じると、みずほFG株も下落を免れません。そんな訳で次は、下落のケースを考えてみます。

 下落の場合は、目先抜けたと思われる140~190円のレンジ相場は抜けていなかった(ダマシだった)、ということになります。

 よってまずはレンジ相場の上限190円付近がポイント。下がってもココで止まればどうにかレンジ相場の上ブレイクを維持、とはなります。190円付近はフィボナッチ・リトレースメント38.2%のある200円付近に近接しているので、下落してもこの付近で止まる可能性は高いと言えます。

 しかしながら更に下落すると、当然目指すはレンジ相場の下限の140円付近。

 そして120~140円のゾーンを完全に下に抜ければ、待っているのは最安値の98円ということになります・・・。

3本RCIでみずほFGの株価を見てみる

 3本RCIでみずほFGの株価を見てみます。黄色の長期戦、青色の中期線、赤色の短期線を表示させてありますが、週足で見るとトランプ相場開始時は、長期線と中期線が上昇中の所で、短期線が立ち上がって買いのタイミングだったということが分かります。

16-11-18みずほFG株価-3本RCI

 エントリータイミングを計るのに3本RCIは結構使えます。みずほFGの週足で3本RCIで入れそうな部分を白い四角で囲ってみました。百発百中とは当然行きませんが、その辺りのテクニカルよりも遥かにうまく相場の押し目をとらえています。

 ご興味あればトレードステーションで3本RCIを設定して使ってみてください。面白いですよ、ホント。

みずほフィナンシャルグループの株価まとめ

 メガバンクの株価は、メガバンク単独と言うより、日本全体の株価動向に連動することが多いため、みずほFGの株価の大幅な上昇や下落は、日本株全体の流れに左右されます。
 しかしながら、それぞれの銘柄には独特の株価の節目があり、そこを知った上で株の売買を行えば、勝ち易くなる、と考えられます。

 みずほFGと言わず、日本の金融株全体が遅れてきたトランプ相場で上昇している状態となっています。これは自らの原因で上がっている訳ではありません。よって風がやめば上昇はストップしてしまう可能性があります。ただし逆に風が吹き続ける限り、株価上昇の可能性がある、とも言えます。

 トランプ相場という外的要因ですが、久しぶりに吹いたFGの株価に対する追い風、これがこのまま続くかどうかに注意が必要となります。このまま目先の高値280円を目指していくのか、それとも意外や意外ダマシで再度下落に向かっていくのか。

 アメリカのトランプ相場の行方に注意しながら、みずほFGの株価にも注意したいと思います。

ソーシャルレンディングという選択肢について

 上昇してきたみずほ株に飛び乗るのはリスクが高いと思うけど、何かしら投資はしたい・・・。そんな方がおられれば、現在話題になりつつあるソーシャルレンディングの投資を研究してみては?

 海外への投資案件となりますが、1万円から投資可能で利回り約10%のクラウドクレジットが口座開設の最初の一歩としてはお勧めです。元本毀損のリスクはありますが、日々の相場変動に煩わされることはありません。今後成長が予想されるソーシャルレンディング市場、今から研究そして口座開設をしておけば、本格的な市場拡大期に乗り遅れることはありませんよ。

クラウドクレジットの詳細を見てみる
関連記事:利回り約10%の海外ソーシャルレンディング投資が1万円から可能に!

他のメガバンクの株価記事
「三菱UFJ-FG(三菱東京UFJ銀行)株価の今後の見通しと予想」

三井住友FG(三井住友銀行)株価の今後の見通しと予想

株価予想の関連記事
フィボナッチ・リトレースメントでの相場分析方法について

フィボナッチを利用したFXトレードの解説書を作成しました!

トレードステーションで3本RCIを表示して活用する方法

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク