日産自動車株価の今後の見通しと予想(2018年11月22日版)

日産のゴーン会長が逮捕。カリスマ経営者の逮捕の背景については、色々な話が出ていますが、やはり興味があるのは株価の行方。

ゴーン会長逮捕はありましたが、日産株価は大暴落することなく、推移しています。ただし、ゴーン会長逮捕前から既に下落トレンドに入っています。

今後の日産の株価はどうなるのか、チャートの側面からポイントなどを考えてみました。今後更に下落した場合、900円を明確に割れるかどうかがポイントになります。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

ゴーン会長逮捕も意外に冷静な日産の株価

日産のゴーン会長逮捕のニュースが話題となっています。当サイトでも当日記事を書いています。

関連記事:日産ゴーン氏が逮捕されて会長を解任へ、ルノーと日産のバランスが崩れる?

そして気になるのは日産の株価。ゴーン会長逮捕翌日、確かに日産株は下落しましたが、急落と言うほどには下落していません。株式市場は意外にも冷静にゴーン会長の逮捕を受け止めています。

ただしゴーン会長逮捕前から既に日産株は下落トレンドに入っている状態です。

今後徐々にゴーン会長逮捕の背景等が明らかになると予想されますが、今後の日産株の行方について、下落と上昇の2つの場合のポイントについて取り上げ解説してみます。


・日産株価-日足チャート
「画像出典:マネックス証券/日本株取引ツール トレードステーション
※関連記事:マネックス証券のトレードステーション発表会に行ってきました

スポンサードリンク

下落の場合は900円を確実に割れるかどうかがポイント

日産の株価って2013年から実はそんなに動いてません。下記が日産の週足チャートを2010年から出したもの。900円で水平線を引くと2013年を境にサポート&レジスタンスが逆転、サポレジ転換が生じていることが分かります。


・日産株価-週足チャート

今回の騒動で日産株は下がっていますが、11月21日の時点ではまだ900円台を維持しており、サポレジの上のゾーンにいます。よってゴーン会長逮捕の一件、株価的には実はそれ程の変化は生じていません。

今後900円を明確に割れてくると、次の展開が待つことになります。900円を明確に割れてくると、いよいよチャートてきには大きな変化が生じることになります。

上昇の場合は1,350円を超えられるかどうか、ただし1,200円もポイント

日産の現在の状況下で株価が上昇するとは思えませんが、もし何かしらの天祐があって上昇した場合、2015年6月の高値1,350円を超えられるかどうかがポイントになります。

ただしその前に1,200円のサポレジが存在しており、そこで引っかかる可能性が高いと考えられます。


・日産株価-週足チャート

1,350円という高値は存在しますが、1,200円付近のサポレジで何度も跳ね返されている絵を週足チャートからは見て取れます。

現状では上昇の可能性はあまり考える必要はなさそうですが、頭の片隅で1,200円のサポレジは覚えておくと役に立つ機会が来るかもしれません。

まとめ

ゴーン会長逮捕で揺れる日産ですが、案外株価は冷静だったりします、意外・・・。

ただしチャートを見ればゴーン会長の逮捕以前に既にピークアウトしている日産の株価。お世辞にも上昇トレンド入りしている状態とは言えません。今回の不祥事がジワジワと下落に影響を与える可能性は否定できません。

ゴーン会長が去った後の日産は経営的にはどうなるのか?また株価の行方はどうなるのか?

今後注意深く見守りたいと思います。

PS 株価チャートや各銘柄のランキングを見るなら、当記事でも利用のマネックス証券トレードステーションがオススメです。無料で利用でき分析だけでなく売買も可能です。チャート分析の自由度が高く、管理人には手放せない存在です。口座開設数も1万口座を突破し利用者数も伸びています。是非お試しください。
マネックス証券TradeStaionの口座開設詳細を見てみる

日産の関連記事
日産ゴーン氏が逮捕されて会長を解任へ、ルノーと日産のバランスが崩れる?

日産とルノーが合併?フランス政府の横槍は日産のチャンスかも

スポンサードリンク
スポンサードリンク