オリエンタルランド株価の今後の見通しと予想(2016年12月2日版)

 東京ディズニーを運営するオリエンタルランド(東証1部4661)。株主には株主配当で優待パスが届き、個人投資家が株主優待目当てで一度買ったらなかなか手放さず、株価が右肩上がりできた、株価的には教科書的銘柄。

 しかし株価は2015年にピークを付けた後、下落を開始して6,000円付近へ。6,000円付近で株価は粘っていますが、ココで再度上昇トレンドに入るか、それとも完全に6,000円を割れてしまうかで、チャート的にはその後の展開は大きく変わってくる可能性があります。

 次の動きのために株価が煮詰まりつつあるオリエンタルランド。再度上昇トレンドに乗れるのか、それともこらえきれずに下落してしまうのか。現在、正念場を迎えています。(2016年12月2日更新)

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

オリエンタルランドの業績推移

 東京ディズニーの客数減、と少し前に騒がれましたが、冷静に考えてください。前の年は「アナと雪の女王」で大騒ぎしていたんですから。そら同じペースで客数伸びたら大変なことですわ。それに、どーやら現状で東京ディズニーとしてはキャパが一杯の様子。

 何はともあれ、オリエンタルランドの業績推移を見てみましょう。

16.8.30オリエンタルランド業績推移-min

 オリエンタルランドの業績は極めて順調。2011/3期と比べると2014/3期・2015/3期と経常利益は約2倍になっています。これはスゴイ。

 ただし数字で見ると2014/3期→2015/3期→2016/3期は営業利益・経常利益で若干減益中。当期(2017/3期)はさすがに盛り返す計画になっていますが、それでも2014/3期・2015/3期並みの数字に戻す、という計画。

 さすがに、東京ディズニーはキャパ的に現在が限界=オリエンタルランドの業績もこの辺りが限界、ということでしょうか?

 確かに日本人だけで既に一杯だった東京ディズニー、ここ最近は外国人観光客も押し寄せていますが、サービスの質を維持するにはこれ以上来られても・・・、という状態なのかもしれません。ただしどうなんでしょ、上海ディズニーがオープンしたので、株価や業績に上海ディズニーの影響も今後出てくるかもしれません。

 そしていつもですと、次に「配当金推移」をどうぞ、とする訳ですが、オリエンタルランドは以前に配当金の記事を書いているのでそちらをご覧ください。2002/3期以降の配当金推移について調べてあります。

 またオリエンタルランド株の目玉でもある株主優待についても詳細を調べています。

 尚、オリエンタルランドでも使える、株主優待のタダ取り方法は下記をご覧ください(ただし逆日歩にはご注意を)。

オリエンタルランドの株価推移と高値と安値

 業績的にさすがに一服感があるオリエンタルランド。まずは10年分の株価推移(月足)を見てみます。(2015年3月の1→4株の株式分割考慮後の株価)
16.8.30オリエンタルランド株価-月足1-min

「画像出典:マネックス証券/日本株取引ツール トレードステーション
※関連記事:マネックス証券のトレードステーション発表会に行ってきました

・オリエンタルランド株価の最高値→9,890円(2015年3月)
・オリエンタルダランド株価の最安値→1,437.5円

※2016年12月1日(木)終値は6,481円

 見事な右肩上がりのチャートとなっています。2005年~2010年にかけ1,500~2,000円をウロウロしていたオリエンタルランドの株価は2012年に2,000円を上に抜けると一気に上昇。一旦4,000円付近で停滞はありますが、再度上昇を始め、株式分割前の2015年3月には最高値9,890円を着けています。

 ただし、さすがにその後は下落。6,000円付近まで下落の後、再度上昇を開始しますが、高値を更新できず再度下落。そして現在、再び6,000円付近に到達した、というのが現在の値位置となっています。
 足元の株価は苦戦していますが、2012年以降の株価上昇はお見事。オリエンタルランドクラスの大きい会社でも、株価が4~5倍になっているのですから。

オリエンタルランドの現在の株価の値位置

 オリエンタルランドの株価を週足で見ると現在(2016年12月1日)のチャートは下記のようになっています。

16-12-2オリエンタルランド株価-週足

 トランプ相場の恩恵はあまりありませんが、それでもこれまでのレンジ相場から上に動き始めるのでは?、という状態となっています。ただし、長めの陽線が2本続いてはいますが、未だレンジ相場を抜けきった訳ではない、という点は注意が必要です。
 

スポンサードリンク

オリエンタルランドの株価ポイント

 それでは次に、オリエンタルランドの今後の株価を考える上で、ポイントになると思われる点を2つピックアップしてみます。

①6,000円付近のサポート&レジスタンス

 オリエンタルランドの株価、目先のことだけ考えるのであれば、6,000円付近のサポート&レジスタンスの存在に気を付けるだけで十分とも言えます。2014年以降の週足チャートでオリエンタルランドの株価を見てみます。

16.8.30オリエンタルランド株価-週足1-min

 最高値から落ちてきたオリエンタルランドの株価は6,000円付近で一旦下げ止まり、リバウンドします。しかし8,000円付近までリバウンドした後、再度6,000円付近まで下落。現在、都合3度目の6,000円付近の壁にブチ当たっている所。

 チャート的には3度目のブレイクのトライでブレイクすることが多い、と言われます。(ただし、多少チャートをかじると分かりますが、外れることも多い)

 そう考えると、もうすぐオリエンタルランドの株価は底割れ?ただし、ここで底割れしないと、底硬さの確認、と言うことで一気に株価が上昇することも多々あるので、注意が必要。

 上からのトレンドラインを引くと、足元でオリエンタルランドの株価はペナントを形成しており、上に行くにせよ下に行くにせよ、株価は煮詰まりつつある状態、とは言えます。

②フィボナッチ・リトレースメント

 毎回お馴染みのフィボナッチ・リトレースメントを、オリエンタルランドの株価の週足チャートに引いています。

16.8.30オリエンタルランド株価-リトレースメント1-min

 リトレースメントを引くと、サポレジとなっている6,000円付近はリトレースメント61.8%というのが一目瞭然。また過去リトレースメント23.6%、38.2%のラインもしっかり反応しています。
 よってオリエンタルランドの株価を考える時、フィボナッチ・リトレースメントは今後も効いていく可能性が高い、と考えられます。

オリエンタルランドの株価を買い目線で見た場合

 6,000円付近のサポレジでエネルギー充填中、とも言えるオリエンタルランドの株価、今後上昇すると考えて、買い目線で見た場合、どんな景色が見えるのでしょうか?

16.8.30オリエンタルランド株価-買い目線-min

 買い目線で見る=6,000円のサポレジは割れない、と言うことになります。となると6,000円付近のサポレジはそのまま、そして上に向かうとすると、上にあるサポレジはフィボナッチ・リトレースメント23.6%の8,300円付近。大枠では6,000~8,300円付近でレンジ相場を形成中、と言えなくもないチャートパターンとなっており、今後オリエンタルランドの株価が上昇、と考えれば、最初のポイントはリトレースメント23.6%の8,300円付近となります。

 そして、そこから先に更に上昇が続くようだと、目指せ最高値9,890円となってきます。とりあえず、8,300円付近を上にブレイクして、再びレンジ相場に戻るようなことがなければ、いずれ最高値9,890円を目指す値動きになる可能性は高いと考えられます。

オリエンタルランドの株価を売り目線で見た場合

 次にオリエンタルランドの株価を売り目線=残念ながら6,000円を下にブレイクしてしまった場合の値動きを考えてみます。

16.8.30オリエンタルランド株価-売り目線-min

 これまでフィボナッチ・リトレースメントが効いていたオリエンタルランドの株価なので、6,000円を割れた時も、次に意識されるのもリトレースメントとします。そう考えると、6,000円の下に存在するのは、リトレースメント76.4%の4,200円付近と、88.6%の5,000円付近。4,200~5,000円というのが、目指すべき地点となります。

 そして4,200~5,000円まで下落すると、よくチャートを見てみれば、ハーモニックパターンが完成です。ここまで株価が下落すると、ハーモニックパターンの効果もあり、株価は一旦上昇しやすくなります。

 久しぶりに、価格帯別出来高も見てみます。

16.8.30オリエンタルランド株価-価格帯別出来高-min
※画像はSBI証券のHyperSBIを利用

 価格帯別出来高からも4,000~5,000円で一旦下落は止まりそうな気配。また4,000円のスグ下に、非常に大きな出来高があるため、4,000円より下のブレイクは、下落の場合もスグには進まない可能性が高いと考えられます。

オリエンタルランドの株価を3本RCIで見てみる

 FXトレーダー中心の一部マニアでは人気なテクニカル、3本RCIでオリエンタルランドの株価(週足)を見てみます。
 レンジ相場が不得意な3本RCIなので、最近のレンジ気味の相場では威力を発揮しませんが、過去の上昇トレンド時及び最高値から落ちていく場面では、3本RCIがうまくトレードのタイミングをとらえています。

16-12-2オリエンタルランド株価-3本RCi

 トレンドの押し目と戻りを狙うのに、3本RCIは使えるテクニカル指標と言えます。オリエンタルランドも白い四角でうまく機能しています。

 ストキャスティクスやMACDのように有名ではありませんが、3本RCIは使えるテクニカル指標と管理人は考えています。ご興味あれば、マネックス証券のトレードステーションで3本RCIを設定して使ってみてください。若干慣れは必要ですが、慣れれば戻りや押し目の場所が、見えてくるようになります。下記でトレードステーションを利用しての3本RCIの設定方法も解説していますので、ご参考にどうぞ。

オリエンタルランドの株価まとめ

 長らく上昇トレンドが続いたオリエンタルランドの株価ですが、2015年以降は6,000円を割れるかどうか、という相場が継続しています。 

 現状のキャパが一杯とは言え、オリエンタルランドは既に大規模な投資計画を発表しており、今後の成長の為の手は既に打ち始めている状態。
 「アナと雪の女王」のアトラクションが東京ディズニーに完成すれば、これまた業績拡大に寄与する可能性は高いと考えられますし、年々入場料の値上げもしています。そう考えると、余程の不祥事や事故がなければ、オリエンタルランドのファンダメンタルに負の変化はないと考えられます。

 個人投資家が優待目当てで株を買ってなかなか手放さないために、株価に下方硬直性がある、と言われるオリエンタルランド株。ただし足元の6,000円のサポレジを下にブレイクすると、新しいステージ入りとなります。しかし、6,000円を底と確認して、再度上昇の可能性も無きにしもあらずで、そうなると目指せ最高値、というモードに入ります。

 実はオリエンタルランドの株価が下がると、当サイトのオリエンタルランド関係の記事のPVも増えるんです。そう考えると、個人投資家が買いのタイミングを常に探っているオリエンタルランド株、今後の株価の値動きも、まだまだ注目です。

オリエンタルランドの関連記事
オリエンタルランドの株主優待を調べたら、株価上昇の理由が分かったような

カブドットコム証券で株主優待をタダ取りする方法

トレードステーションで3本RCIを表示して活用する方法

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク