noteでトレードの解説書を作成しました!

 ブロガー界隈で最近話題のnote。マニアックな内容ではありますが、ブロガーの一人でもある管理人、早速「株価プレス」のnoteを作成しています。

 どうもブログとnoteの住み分けがハッキリしていませんが、何と言ってもnoteはテキストの有料化ができるプラットフォーム。それを活かさない手は無い、ということで、管理人オリジナルのトレードの解説書を作成しました。

トレードの教科書、実践的ダイバージェンスの使い方
トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎

 ①が教科書で、②が解説書となってますが、深い意味はありません・・・。

 ①は日本発かもしれないダイバージェンスに特化した内容のトレード用テキストで7,200字。
 ②は管理人の経験に基づいたフィボナッチの利用方法(主にフィボナッチ・リトレースメント)を解説したトレード用テキストとなっています(9,600字)。

 尚、両テキストともに当サイトの既存記事に大幅加筆してあります。

株やFXのダイバージェンスの意味とは?実際の使い方の具体例
(約4,200→7,200字)

フィボナッチでの株価分析の基礎
(約3,800→10,000字)

 経験に基づき独断と偏見で書いてますが、管理人の株やFX、CFDトレードのノウハウを散りばめています。これだけ読んで勝てる、と言う程トレードの世界は甘くありませんが、少なくとも書店で売っているトレード関係の本に比べれば、より実践的な内容となっています。ついでに言えば翻訳本が多いトレード関係の書籍で、タマに訳の分からない翻訳本もありますが、日本人の管理人が書いているので、ちゃんとした日本語になっています。(管理人の日本語能力の問題があるかもしれませんが・・・)

16.2.9note発売-min
こんな感じになっています

 一度こーいうのを作ってみたかった、というのが先で、売れるor売れないという観点外して書いています。ある意味、トレーダーとしての承認欲求の発露、と言った所でしょうか。
 当サイトの記事をベースとしてはいますが、いずれも大幅に加筆しています。

 両者ともに今後も随時アップデートはしていく予定。また読者からの質問があれば、そちらも記事に追記しようと思ってます。

 尚、価格は「トレードの教科書、実践的ダイバージェンスの使い方」は名刺代わりに1コイン500円で発売しています。
 「トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎」は700円で発売中ですが、加筆の際に金額を上げさせていただく予定です。

 第3弾はハーモニックトレードの解説書の作成を予定してますが、ハーモニックは内容が広いので少々時間がかかる予定です。

 これまで株価予想記事で解説してきた、フィボナッチの使い方。そして、知っていると思った以上に使えるダイバージェンス。これを機会に突っ込んで学んでみてはいかがでしょうか?管理人の作品が、個人投資家の方々の投資の旅のお供になれば幸いです。

トレードの教科書、実践的ダイバージェンスの使い方
トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です