映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」の感想、相場あるあるを感じる映画

 トレードの知り合いから、面白いから是非見ろ、とオススメされたのが映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」。リーマンショックで大儲けした人達の映画だよね・・・、と言うことは知っていましたが、相場の本質が分かりますぜ、と言われればもう見るしかありますまい。

 そんな訳で見てみました「マネー・ショート」。確かに相場あるあるを感じる映画でした。若干、前提となる知識を必要とする映画ですが、相場について非常に示唆を得ることができる映画です。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のあらすじを解説

 映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(以下、「マネー・ショート」)は、リーマンショックの相場崩壊で莫大な利益を得た投資家3チームの物語です。オムニバス風の物語ですが、同時進行に映画は進んでいくので、オムニバス映画でよくある、ブツブツと物語が途切れるというストレスは殆ど感じません。

 リーマンショックの前に、相場が赤信号を点滅していることに気付いた投資家3チームが、どのような展開を経て儲けていくのか、その途中の葛藤や物事の流れ、そして時代背景(と言う程、昔の話ではありませんが)、を描いた映画となっています。

それなりの事前知識を要求される映画

 リーマンショックの原因等、新聞や雑誌で最低限の知識があればスーッと映画に入っていけますが、それがないと少々シンドイ映画かも。CDS、MBS、サブプレイム、格付け機関等、様々なシーンで専門用語が出てきます。重要な専門用語は、途中でネタ的に解説が入りますが、それでも最低限の解説しかされていません。
 面白い映画で、相場の示唆も得られる金融系の映画ですが、ドラマ「半沢直樹」のノリで何も考えずに見られる映画、という訳ではありません。その意味では、金融や相場の知識がゼロで見ると、訳ワカメ・・・、となる可能性が高い映画です。別に金融の知識が無くても、相場好きなら充分楽しめる映画ですが。

 そう考えるとドラマ「半沢直樹」はトンデモナイドラマだったんだな、と改めて思います。銀行のドラマを専門知識無しでも見られるようにして、視聴率40%オーバーで社会現象を起こしたドラマ。半沢直樹を熱演した堺正人さんが、もうすぐ「真田丸」の収録が終わるので、2016年に「半沢直樹」の続編に密かに期待してますが、どうなるんでしょ。

相場あるあるを感じる映画

 「マネー・ショート」はリーマンショックの頃の時代背景や出来事を振り返るのにピッタリな映画ですが、管理人的に一番感じたのが、相場あるある。

 主人公の3チームは最終的に大勝利を手にするのですが、その途中相場が逆行して、冷や汗をかくことになります。これってタマにあるよなぁ、と思いました。特に為替の場合、タマに相場の方向はファンダメンタルを考えれば間違いなくコッチ、と読める時があります。
 「マネー・ショート」の主人公3チームもファンダメンタル分析で、赤信号に気付いた訳で、やはりファンダメンタル分析は重要だわ、と実感。

 ただね、事実関係からはどう考えても相場は下なのに、目の前の相場が上に行って逆行している・・・、ということはホントたくさんあります。そういう時は、映画の主人公たちではありませんが、本当に悩ましい。損切してしまうか、それとも我慢するか・・・。

 殆どのケースで最終的に正しい方向に行くので、レバレッジをかけずにノンビリ待つこと、というのが正解。けど為替(FX)の場合はレバレッジが効かせられますし、映画の主人公たちも似たような状況。やはり相場は行くべき方向に行く前に一旦逆行するものなのか・・・、と改めて相場の不思議さを感じることとなりました。

 「マネー・ショート」は相場の原理と不思議さを見事に表している映画でした。オススメした人の仰られていたことが、よーく分かりました。

スポンサードリンク

「マネー・ショート」の動画はU-NEXTで視聴可能

 「マネー・ショート」は動画配信サービスのU-NEXTで視聴可能です。約2時間の映画なので、スマホで行き帰りの通勤時間で見ることができます。

「マネー・ショート」は U-NEXTの無料映画のカテゴリーの映画ではありませんが、毎月付与されるポイントで見ることが出来るので、特別料金はかかりません。

 尚、今ならU-NEXTは31日間の無料トライアル実施中。U-NEXTは動画配信だけでなく、雑誌の配信も行っているので、日頃から雑誌代にお金を使っている方に特にオススメできます。(ちなみに漫画もあります)

 TSUTAYAでDVDで借りて見るのもよいですが、時間が無いようなら U-NEXTで「マネー・ショート」を見てはいかがでしょうか?

まとめ

 考えてみれば、久しぶりに金融系の映画見ました。やはり面白い、相場好きなのね自分は・・・。

 「マネー・ショート」はリーマンショックの頃を振り返ることもできますし、相場の本質を感じる映画としてもオススメ。何にも考えずに見られる娯楽映画、という訳ではありませんが、ご興味あれば一度ご覧ください。相場について、様々な示唆を得られる映画だと思います。
 相場好きの方に特にオススメします。

PS 「マネー・ショート」を見終わった後、なぜか「ウォール街」が見たくなってしまった。今度見てみるかな。

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です