コンビニ銘柄保有者は必見!各コンビニのFC加盟金、ロイヤリティー、店舗数一覧

 何気に週刊誌「FLASH」を立ち読みしたら驚いた。何と各コンビニチェーン店のFCの加盟金とロイヤリティーの一覧表が掲載されているじゃないですか。こいーいうの探していたんです。
 このデータ、コンビニ銘柄の投資判断に必要不可欠な情報じゃないかと。まぁデイトレには関係ないでしょうけど。

 再編がスタートしているコンビニ業界。最後まで生き残るのはどのコンビニか?やはりセブンは当選確実?

 各コンビニの株価とFCの加盟料+ロイヤリティーを見ながら考えれば、将来が見通せるかもしれません。そんな訳でコンビニ各社の株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数を比較してみました。
※各数字は「FALSH」(15/9/22号)を参照しました

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

セブンイレブンの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料250万円
・ロイヤリティ56%(営業総利益が月250万円以下の場合)
・18,092店舗

※上場しているのはセブンイレブンとイトーヨ-カドーの持ち株会社のセブン&アイHD

 コンビニ業界の雄、セブンイレブン。管理人も考えてみれば、最近セブンばっかり使っています。やはり安心感があるのと、家の近くにも外出先にも、たいていセブンがあるのが大きいです。
 セブン、惣菜の味の安定感は抜群です。セブンのおにぎりがウマイのは有名ですが、管理人はサンドイッチもセブンがイチオシ。
 昨今のコンビニ業界の再編、王者の風格で我れ関せず状態。うらやましい限りです。

15.9.9セブンイレブン-min
何と言っても安心感のあるセブン

ローソンの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料350万円
・ロイヤリティ45%(営業総利益が月300万円以下の場合)
・12,078店舗

 コンビニ業界2位。設立母体がダイエーということもあり、今も近畿地方では強さを発揮しています。資本関係は紆余曲折ありましたが、今は三菱商事の傘下(出資比率31.9%)となっています。他業種展開やM&Aにも積極的で、ナチュラルローソンやローソン100といったブランドも展開。
 食べ物関係、全般的にセブンが強い中、個人的には「わかめおにぎり」はローソンが一番おいしいかと。

※都道府県別のコンビニ勢力図は下記サイトが詳しいです
「都道府県別統計とランキングで見る県民性:コンビニ勢力図 [ 2015年 ]」

15.9.9ローソン-min
関西は今でも強いローソン

ファミリーマートの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料400万円
・ロイヤリティ48%(営業総利益が月300万円以下の場合)
・11,444店舗

 コンビニ業界3位。現在、コンビニ業界再編の主人公的地位にあります。元は西友が設立母体で、今も無印良品の製品が置いてあるのはその名残(供に西友が設立母体)。現在は伊藤忠商事の傘下(出資比率31.9%)となっています。
 M&Aに積極的で、2009年にam&pmを買収し、吸収合併済み。そして9月8日に、ココストアのM&Aを発表(詳細はココストアの欄にて)。

「ファミリーマート ココストア買収を正式発表」(NHK)

 そして今後、サークルKサンクスとの経営統合を予定しています。

関連記事:ファミマとサークルKの経営統合(合併)、一筋縄では行かない様子

 ファミリーマートの株価は下記のように非常に堅調に推移しています。

15.10.21ファミリーマート株価-5年分月足-min

関連記事:ファミリーマート株価の今後の見通しと予想

15.9.3ファミリーマート1-min
業界再編に最も積極的なファミリーマート

サークルKサンクスの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料250万円
・ロイヤリティ37%(営業総利益が月240万円以下の場合)
・6,344店舗

※上場しているのはサークルKサンクスとユニーの持ち株会社のユニーGHD

 東海地区の大手スーパーのユニーが設立母体で、上場しているのはその持ち株会社。2001年にサンクスと合併し現在に至る。
 地盤の東海地区では未だにセブンを抑えてトップの地位を維持。ファミリーマートの部分でも記載の通り、現在ファミリーマートとの経営統合を協議中。

 ただし統合するのはファミリーマートとサークルKサンクスの親会社のユニーGHD。個人的にはユニーGHDがその昔の東海銀行の二の舞にならないか少々心配。

関連記事:ユニーとファミマの合併、ユニーは東海銀行になってしまうのか?

15.9.3サークルK1-min
東海地区ではセブン以上のサークルK

ミニストップの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料500万円
・ロイヤリティ38%(営業総利益が月300万円以下の場合)
・2,172店舗

 イオン系のコンビニ。イオングループとしてコンビニ業界再編から、一線を画しているような気もします。
 店内飲食が可能なコンビニの元祖。営業やっている方には、非常に有難いコンビニだったりします。

15.9.9ミニストップ-min
営業のオアシス、ミニストップはイオン系

デイリーヤマザキの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料187~227万円
・ロイヤリティ40%(営業総利益が月250万円以下の場合)
・1,554店舗

※山崎製パンの一事業としてコンビニ事業を展開、株価は参考

 昔ながらの山崎パンの店、という昭和な雰囲気が何となく残る微笑ましいコンビニ。管理人は山崎春のパン祭りでお皿もらう際、最近は殆どデイリーヤマザキでもらうようになりました。

15.9.9デイリーヤマザキ-min
独特の雰囲気を持つデイリーヤマザキ

セイコマートのFC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・非上場会社
・FC加盟料300万円
・ロイヤリティ10%(年間総粗利額ベース)

 元々酒販会社が設立のコンビニチェーン。北海道では圧倒的な存在感を放っています。もう北海道に行くとセイコマートの強さは圧巻です。大阪の551の豚饅、名古屋の寿がきやラーメン、北海道のセイコマート、何か通じるものがあるような気がします。

15.9.9セイコマート-min
北海道では圧倒的な存在感を誇るセイコマート

ポプラの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料400~550万円
・ロイヤリティ 売上の3%
・528店舗

 広島発祥のコンビニチェーン。店頭でごはんを詰める弁当=ポプ弁が有名。
 管理人、コンビニ弁当はポプラが一押し。やはり、店頭で詰めてもらえるご飯、これがウマイ。一時、仕事の関係もあり、毎日のようにポプ弁食べており、大変お世話になりました。
 以前、東京進出に注力していましたが、気付けば、地盤の中国地方もセブンに侵食されており、今は足元を固めるのに専念。ローソンと資本業務提携を締結しており、現在はローソンが5%の株を保有。
 実は大阪市営地下鉄の駅中のコンビニは、ポプラとファミマが出店しています、意外。

スリーエフの株価・FC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・FC加盟料258万円
・ロイヤリティ45%(営業総利益が月300万円以下の場合)
・560店舗

 神奈川・千葉・埼玉に展開のコンビニチェーン。ローソンとし資本提携の交渉中と報じられています。
 2015/2期の決算は赤字となり、苦しい状況にあります。

ココストアのFC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・非上場会社
・FC加盟料350万円
・ロイヤリティ 月間総売上の2~6%
・415店舗

 東海地区の酒販会社が設立のコンビニチェーン店。街の酒屋から転じたお店が多いのが特徴。
 直近は苦戦が伝えられていましたが、まさに昨日ファミリーマートが買収し子会社化すると発表(買収金額130億円)。

「ココストア買収を発表=130億円で-ファミマ」(時事通信)

 名古屋の会社ですが、九州と沖縄に強いコンビニです(「ココストア」と「エブリワン」の2ブランド)。何と約6割が九州・沖縄に集中してます。ファミリーマートはココストアの買収で、九州・沖縄ではセブンと並ぶ規模となります。ファミマとすれば、まさにM&Aの醍醐味を実感できる買収となります。
 
 個人的には高校時代・大学時代と最も利用したコンビニではないかと。そーかココストアがファミマになるのか。時代の流れを感じますね。

コミュニティ・ストアのFC加盟料・ロイヤリティー・店舗数

・非上場会社
・FC加盟料250万円
・ロイヤリティ 毎月27万円の固定
・529店舗

 食品卸最大手の国分(非上場)が展開するコンビニチェーン店。ゴメンナサイ、管理人お店は見かけたことありますが、入ったことありません。よってコメントできません・・・。

Sponsored Link

コンビニのFC加盟料の比較

 FC加盟料=開業費が最も高いのはミニストップの500万円とポプラの400~550万円。
 最大手のセブンは250万円と、実はデイリーヤマザキ(187~227万円)の次に低くなっています。結構意外ですね。

 そして2番手ローソンと3番手ファミマは350万円と400万円でほぼ同程度。

 コンビニの経営を始めようとしたら、少なくとも自己資金300万円は用意しないとダメ、ということが分かります。

コンビニのロイヤリティー比較

 ロイヤリティーが最も高いのはセブンの56%。利益の半分以上持っていかれますが、それでも日販は他社を圧倒しているので(セブン67.4万円-ローソン・ファミマは52~53万円)、その自信の表れでしょう。

「コンビニ大手3社を比較してみる」(BLOGOS)

 ロイヤリティーは営業利益にかかる先と、粗利にかかる先、売上にかかる先があるので注意が必要。
 面白いのはコミュニティ・ストアのロイヤリティが毎月27万円の固定、という点。腕に自信があれば、最も利益の出やすいロイヤリティー体系となっています。

まとめ

 コンビニの飽和って、実はもう10年以上前から言われてます。しかしながら、今も各コンビニの出店が続いており、一般論的な意見の当らなさを実は管理人実感しています。セブンの鈴木会長が、コンビニ飽和論の中でも、まだ全然飽和していない、と仰られていたのは、さすがであります。

 ただし、さすがのコンビニ業界も優勢劣敗が明確になりつつあり、昨日のファミマのココストア買収(子会社化)の発表もあり、今後も業界再編は続いて行くことになりそうです。

 さて最終的に生き残るのはどこのコンビニとなるのでしょうか?やはりセブンは別格で当選確実かなぁ、とは思いますが、小売りも一寸先は闇の業界。10年後のコンビニ業界はどんな勢力図になっているのか、非常に興味深いですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク