株価をエクセルに取り込み分析する簡単な方法(トレードステーションを利用)

株価をエクセルに取り込む方法を探していたり、手間をかけてエクセルに株価を取り込んでいたりしませんか?

株価をエクセルに取り込む簡単な方法があります。それはマネックス証券が提供するトレードステーションを利用する方法です。

かれこれ10年以上、色々な方法で株価をエクセルに取り込んできましたが、無料で行うならトレードステーションを利用する方法が一番楽です。

株価をエクセルに取り込んで分析することで、トレードの新しい発想を得ることができます。トレードステーションを使って、簡単に株価をエクセルに取り込む方法をご紹介します。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

エクセルで株価を分析すると新しい発見がある

テクニカルマニアな管理人ですが、実はテクニカルに限界を感じている部分もあります。

逆張り系のテクニカルとトレンド系のテクニカルを触っていたら、似たような所でエントリーサイン出す現象を発見したことがあり、これはテクニカルの組み合わせだけではどうにもならんあー、と思いそれ以来テクニカルは好きですが、限界も感じています。そしてフィボナッチで相場の大枠の分析をして、テクニカルでエントリー場所を探す、というスタイルに落ち着くことになります。

ただしトレードの新しい発想を得ようとする際、実はエクセルを使うことがあります。実は以前当サイトで使うチャートもエクセルを使って作成していました。株価をエクセルで分析すると、チャートとは違う、数字ベースで新しい世界が見る事ができます。特にサヤ取りするようなら、エクセルの利用は必須ではないかと。

株に限らずFXでも数字ベースで分析すると、ロジカルにトレードの方法論を考えることができます。テクニカルだと、“この辺り”でエントリーor損切、とアバウトな判断となりがちですが、数字ベースなのでアバウトな判断はできません。テクニカル派には案外、新鮮だったりします。

そんな訳で今回は株価をエクセルに取り込む簡単な方法をご紹介。考えてみればエクセル使って株価分析するのも、実は10年以上細々とやっています。色々な方法を試しましたが、一番簡単なのは愛用のトレードステーションを利用する方法です。

テクニカル分析には手放せないトレードステーションですが、株価等のデータをエクセル化する事も簡単にできます。ヤフーファイナンス等から数字をダウンロードして・・・、とやっている方に特にオススメしたい方法です。

マネックス証券TradeStaionの口座開設詳細を見てみる

トレードステーションで株価をエクセルに取り込むまで

ではトレードステーションを使って、株価データをエクセルに取り込んでみましょー。

①データをダウンロードしたい銘柄・時間足・期間を指定

データ分析したい銘柄のチャートを表示させます。その際に取り込みたい時間足の種類(各時間足or日足or週足or月足)と期間も同時に設定します。当たり前ですが、1時間足を表示していれば、1時間足のデータがダウンロードされます。


・伊藤忠商事(8001)の日足でトライしてみます
「画像出典:マネックス証券/日本株取引ツール トレードステーション(以下同様)」

あと移動平均線はじめ、テクニカル指標を表示させておくと、同時にテクニカルの数字データもエクセルに取り込むことができます。コレはマニアにはたまらない機能かと。折角なのでお試しあれ。

②チャート上で右クリック→「データウインドウを表示」をクリック

チャートの準備ができたら、チャート上で右クリック→「データウインドウを表示」をクリックします。


・画面上で右クリックすると画面が縮小されることもありますが、通常であれば上記の画面になります

③データウインドウのフロッピーディスクマークをクリック

データウインドウをクリックすると、小さい小窓が開きます。


・しかしフロッピーディスクって言っても、今や知らない人多いんじゃないか?

小窓の左上にフロッピーディスクの画像があるので、そのフロッピーディスクをクリックすると、「名前を付けて保存」の画面が出ます。

そして名前を付けて保存を実行すれば、設定したチャートデータがテキスト(txt)形式で保存されます。

取り込んだデータはテキスト形式なので、エクセルにデータを表示させるにはもう一手間かかります。次からのステップが大切です。

④エクセルを開いて、保存したテキストファイルを「すべてのファイル」で開く

次にエクセルを立ち上げます。そしてエクセルが立ち上がったら、左上の「ファイル」をクリックして「開く」をクリック。(尚、以下はエクセル2010の場合です)

すると「ファイルを開く」の画面が表示されますが、「ファイル名」の右側の部分を「すべてのファイル」にした後に、先ほど保存したテキストファイルを選択し「開く」をクリックします。

⑤テキスト ファイルウィザードの2つ目のプロセスで「カンマ」にチェック

選択したテキストファイルを開くと、次に「テキスト ファイル ウィザード」が開きます。

「テキスト ファイル ウィザード」の最初のプロセスは何もせず「次へ」をクリック。

次のプロセスで「区切り文字」の部分でチェックを入れる□(四角)が5つ出ます。既に「タブ」はチェックマークが入っていますが「カンマ」にもチェックマークを入れて、「次へ」をクリック。

「カンマ」にチェックマークを入れるのが、今回のプロセスで一番のポイントです。

⑤出来上がり

「テキスト ファイル ウィザード」で「区切り文字」の「カンマ」にもチェックを入れて「次へ」をクリックすると、日付の設定選択になりますが、何も変更せず「完了」を押せば出来上がり。

トレードステーションで表示させていたチャートの数字データをエクセルに取り込むことができました。


・コレで完成、チャートに表示していた移動平均線のデータも取り込んでみました

そしてここからが本当のスタートラインです。入手した株価の4本値データをどのように利用するかが、投資家としての腕の見せ所。

純粋に数字の変化を眺めていると、チャートの絵を見ているのとはまた違った発想がでてきます。例えば「トレンド」と一言で言いますが、トレンドって数字的に表すとどうなるんでしょ?以前も記事にしましたが、トレンドってホント非常に奥の深いテーマです。

関連記事:株価やFXの市場トレンドとは?思った以上に奥の深い世界をご紹介

数字ベースでトレンドを考えるだけでも得るものがあります。数字ベースでトレンドの出ている銘柄のみ仕掛ける、なんてのも立派なロジカルなエントリー戦略ですよ。

テクニカル分析一本でやってきて、イマヒトツうまく行っていないようなら、エクセル化した株価データをコネクリまわすと新しい道が開くかもしれませんよ。

スポンサードリンク

楽天RSSや岡三RSSとの連携でリアルタイム分析もできる

株価データをエクセルに取り込んで、色々分析して、よしこのロジックでトレードしようと決めた後、楽天RSSや岡三RSSと連携して、リアルタイム分析すると非常に面白いです。

場中に相場が見られる専業トレーダーや兼業でも日中PCを自由に使える方向けの、相当マニアックな利用方法になりますが。データ分析した後のエクセルを楽天RSSや岡三RSSと連動させると、リアルタイムでのデータ分析も可能です。

エクセルにリアルタイムで株価を取り込んで、エクセルの数字が変わっていく姿、案外面白いです。ま、問題はどうやって儲かるロジック作り上げるか、という部分ですが。

岡三RSSがあれば、トレードステーションが無くても株価データを簡単にエクセルで取り込めます。ただし一定の条件(月間の岡三オンライン証券へのトレードでの支払い手数料実績が2,000円以上)を達成しないと、月額5,000円(税込)の利用料が取られます。

一方楽天RSSは口座さえあれば利用できるので(ただし株価データのエクセルの取り込みはできません)、リアルタイムの株価をエクセルに表示させるだけなら、楽天証券で楽天RSSの利用がオススメ。

楽天証券の口座開設詳細はコチラから

ただしガッツリエクセルで株価分析するなら、岡三RSSの方が使い勝手はよいです。ガッツリ使うなら岡三RSSの月額5,000円支払う価値はあります。正直いきなり5,000円支払うハードルは高いですが、初回は90日のお試し無料期間があるので、口座開設して無料期間内に試してみると、岡三RSSの面白さが分かります。

管理人はチャート派なので、岡三RSSは無料のお試しのみの利用でしたが、エクセルで株価分析極めるなら岡三RSSは必須アイテムでしょう。ご興味あれば、まずは無料で使ってみる事をお勧めします。


岡三オンライン証券の口座開設詳細はコチラから

岡三オンライン証券

まとめ

ヤフーファイナンスから取り込む方法や、株価データのサイトからデータを取り込む方法等、様々な方法を利用して株価データをエクセルに取り込む方法やってきましたが、最終的にトレードステーション使う方法に落ち着いています。以前の方法に比べると、手間が激減しました。簡単なので、チョットやってみるか、と思ったらスグに株価をエクセル化できるのがよいです。

岡三オンライン証券を日常的に利用するなら、岡三RSSが無料で利用できるので岡三RSS経由でのデータ取り込みが一番楽ですが、管理人は有料になってしまうので岡三RSSは利用していません。

チャート分析で日常的にトレードステーションは利用していますが、エクセルに株価データを簡単に取り込めるのは、最初知った時は意外でした。トレードステーション、ホント何でもできるのね・・・。

トレードで勝ち切るためには、一定のルールに基づいたトレードを行わないと躓きます。あやふやなルールで適当な裁量判断入れてのトレードは損切が遅れる、利益確定が手前になりすぎる等で、勝ち切る事が難しいです。

その面でエクセルに落としたデータで株価の分析をすると、トレードのルール化が簡単にできます。勝てるルールを作るのが一番難しいのですが・・・。

チャートの画像からテクニカル分析するのとはまた違った面白さがあり、新しい発想もえられる株価のエクセルでの分析。トレードステーション利用して行うのが、簡単でオススメです。お試しあれ。

マネックス証券TradeStaionの口座開設詳細を見てみる

トレードステーションの関連記事
当サイトのトレードステーション記事一覧

トレードステーションの口座開設が完了!チャートを表示させるまで

マネックス証券、トレードステーションの使い方メモ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です