書評『ロボアドバイザー投資 1年目の教科書』、ロボアドバイザーを知るための最初の第一歩

2017年に日本でも本格的なサービスが開始されたロボアドバイザー。ロボアドバイザーという言葉は知名度を得ましたが、サービスの内容自体はまだそれほど知られている状態ではありません。

ロボアドバイザーでの投資に興味はあるけど、一体何をするのもなのか?、という疑問に答える本が『ロボアドバイザー投資 1年目の教科書』です。

ロボアドバイザーの投資を始めるに当たり、最初に読んでおくとスムーズに取り組むことができる本と言えます。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

ロボアドバイザーを知るための入門書

前から気になっていたロボアドバイザーについて、一度チャント調べてみよう、と思い最初に手にとったのが『ロボアドバイザー投資 1年目の教科書』。

ロボアドバイザーについての基本中の基本が記されている入門書です。ロボアドバイザーとは、という所から始まり、その投資スタイル、取扱の証券会社、オススメの証券会社まで、ほぼ投資の知識ゼロの段階でも読めて、実際にロボアドバイザーで投資を始める所までをカバーしています。

以前マネックス証券のロボアドバイザーのセミナーに参加してこともありますが、ロボアドバイザーについては概ね同様の内容が記されています

関連記事:マネックス証券のMSV LIFEサービス開始記念セミナーに行ってきました

ETFとは・・・、という説明があったりするので、投資中級者以上の方には今更感が無きにしもあらずですが、ロボアドバイザーについて広く浅く解説がなされているため、ロボアドバイザーの入門書としてはコレ一冊で充分、といった内容で、ロボアドバイザーで資産運用や投資を始めて見ようかな、と思うなら、最初に読んでおいて損はない一冊です。

ロボアドバイザーはリバランス機能がポイント

ロボアドバイザーは基本的にETFで運用することになりますが、正直な所、ETFで運用するだけなら自分で投資したって構いません。ロボアドバイザーといえども手数料はかかってくる訳で、自分で投資するなら手数料はかかりません。

ポートフォリオ作成機能もありますが、コレも海外株・日本株・債券型等、それっぽく分散投資すれば、ある程度自分でできてしまいます。

ポートフォリオ作成機能の優劣が各社のロボアドバイザーの優劣を決める要因とはなりますが、ロボアドバイザーを利用して投資する最大のメリットは、リバランス機能にある、と管理人は考えています。

投資信託での資産運用の教科書には、リバランスの重要性が必ずと言っていいほど書かれています。当初のポートフォリオから資産バランスが崩れてきたら、リバランスしましょう、と。

増えた資産の一部を売却して、その分を減っている資産を買い増しする、といったような。

ただし正直、リバランスは面倒です・・・。投資信託で資産運用している人の何人がリバランスしているのだろう・・・。ま、銀行で投資信託を購入している人の殆どが損失を計上している、という驚きのデータが先日金融庁から出ていましたが、それ以前の問題を抱えているケースも多いようですが。

このリバランス部分を自動でやってくれるのがロボアドバイザーの最大のメリットと感じています。リバランスが自動でできるようなら、殆どノータッチで投資信託での資産運用が可能になります。そしてロボアドバイザーでは、既にそれが実現しています。

一時の勢いがなくなったロボアドバイザー、暇な投資は流行らない?

日本では2017年に本格スタートしたロボアドバイザーですが、1年経ってスタート当初の勢いは感じられません。

ロボアドバイザーの投資って、基本的にほったらかしでよいので、暇な投資になります。暇な投資はハラハラドキドキしません。ただしハラハラドキドキしない投資は、着実な資産増加がなされる可能性が高くなります。

マネックス証券のセミナーでも、松本社長が、儲かる投資は暇、とおっしゃられていましたが、まさにそれです。

ロボアドバイザーは正直投資としては地味な投資となるため、確かに日本で本格的にスタートした昨年は各方面で取り上げられ話題となりましたが、ブームも去って、勢いがなくなった印象があります。けどそれは仕方ないのかな、と。

変に高い手数料の投資信託買って損するより、地味にロボアドバイザーでほったらかし投資するほうが、着実に増える資産にほくそ笑む機会は増えるのではないかと。

投資としては面白くない、という部分がロボアドバイザーの最大のネックではないかな、とトレード好きな管理人としては思う所です。

オススメはマネックス証券か松井証券

本書を読む前から多少ロボアドバイザーについては調べており、ロボアドバイザーで投資するならココかなー、と思っていたのが、マネックス証券と松井証券。本著では特にマネックス証券の利用がオススメとなっていました。

マネックス証券のロボアドバイザー「マネックスアドバイザー」は手数料が0.3%と安いところがよいです。正直、各社のAI(ロボアドバイザー)が作成したポートフォリオは、最終的には似たり寄ったりになると考えています。そんな中で最終的なパフォーマンスに差が出る決定的な要因は手数料。当たり前過ぎるお話ですが、金融商品の手数料は長期間投資するとバカにならないので、ある意味で一番重視すべき部分です。

その面では他社のロボアドバイザーが1%前後の手数料の中、マネックス証券は0.3%の手数料であり、手数料の面からマネックス証券の利用がオススメとなります。

マネックス証券の口座開設詳細はコチラからどうぞ

一方で松井証券の「投信工房」はロボアドバイザーではなく、「投信工房」がAIを使って提案するポートフォリオを自ら売買する、半ロボアドバイザー、というべきサービス(アドバイス型)。

よってETF等の買い付けは自ら行う必要がありますし、面倒なリバランスも確かに内容自体は教えてくれますが、実際に自ら手を動かす必要があります。ただし「投信工房」は利用手数料ゼロです。

自ら買い付けを行う必要がありますが、一括購入注文サービスが付いているため、購入に投資家の手間がかからないような配慮もされています。リバランスの際の売却は自ら行う必要がありますが、リバランスの提案もなされます。

あと100円から追加積立が可能で、積立投資時のリバランス機能も付いています。投資信託は長い目でみてコツコツ積み立てる部分が資産増加の肝の部分でもあるので、その面でも松井証券の「投資工房」はオススメです。

また自ら発注する必要があるので、投資してる!、と実感もできます。コノ部分結構大切じゃないかな、と思います。

松井証券の口座開設詳細はコチラからどうぞ

まとめ

トレードして相場をはるのと、資産運用って全く別物と考えています。資産運用ってやるべきことをやったら、あとは果報は寝て待て、コレが成功のポイントではないかな、と思います。

ロボアドバイザーは最初にやるべきことをやったら、あとは果報は寝て待て、でOKです。途中追加入金する場合、それはそれで対応もしてもらえるので。

ハラハラドキドキしないので、退屈な投資になってしまいますが、それでいいんです。

ロボアドバイザーは有用なサービスですが、まだ日本ではスタートしたばかり。興味はあるけどよく分からん・・・、という場合、『ロボアドバイザー投資 1年目の教科書』を読めば、ほぼロボアドバイザーの基礎知識を得ることができます。

既に投資やロボアドバイザーの知識があるようなら、読むまでもない本ではあります。ただしそんなに投資にある程度の知識があっても、ロボアドバイザーって何?、という状態なら、イキナリ証券会社のロボアドバイザーサービスに資金突っ込むのは危険ですよ。そのスタンスが資金を失うことに繋がります。

何の金融商品でも同じですが、相手を知ることから始めるのが鉄則です。投資にある程度の経験があっても、ロボアドバイザーについて知識がないようなら、まずは『ロボアドバイザー投資 1年目の教科書』をご覧になってはいかがでしょうか。ロボアドバイザー投資を始めるのは、その後でも充分間に合いますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です