損切りの必要性と重要性。勝ち切るために損切りを避けては通れない!

損切りできますか?何も考えずに損切りが出来るようになれば、投資上級者の仲間入りです。

損をしたくない、という人間の本性との戦いでもある損切りは、実は非常に難易度の高い行為です。

勝ち切る投資家となるために必要な損切りについて、その重要性を解説いたします。

スポンサードリンク

損切りは投資の必要コスト

最初に質問。投資している銘柄や商品が大きく下落した場合どうしますか?

①損切りする
②そのまま放置
③上がれ上がれとお祈りする

多くの投資家は②でそのまま放置では?現物の株式投資のようにレバレッジがかかっていなければ塩漬けにすることで株価の上昇を待つことができます。ただしFXや先物のようにレバレッジがかかっていると③のお祈りをすることになります。。。お祈りしても結局は何も変わりませんが、祈りたい気持ちは痛いほど分かります。

本来必要なのは①の損切り。やたらめったら損切りしても、単なる損切り貧乏になるだけですが、事前にここまで下落したらあきらめよう・・・、と思っていた水準にまで下落したら、何も考えずに損切りするべき!

株式でもFXのように今は事前に損切り注文を出せるようになっているので(OCO注文)、先に損切り注文を出しておくことがオススメです。人間、手動で損切り注文は簡単にできません。損切りラインに来たら淡々と損切りできるようにしておくことが非常に重要です。

損切りを動かしてはいけない!

損切りを入れる所までは、やろうと思えば比較的できます。しかし問題は損切りに合いそうになると、損切りを動かしたい衝動に駆られる所。損切りを入れたものの、損切りに合いそうになる都度、損切りを徐々に後ろにずらしていく・・・。コレを案外やってしまいます。

だから1回入れた損切注文は決してずらしてはいけない。これは厳守するべきです。下手に相場を見てると損切をずらしたくなるので、損切りに引っかかりそうになったら2~3日相場やチャートを見ないのも一つの方法です。

悪いことに1回損切を後ろにずらすと、ダラダラと何度も何度もやってしまいがちです。結局それは損切り注文を入れていないことと同じになってしまいます。

だからOCO注文等で事前に損切り注文を入れたら、何があっても決して損切り注文を入れ替えたりしない。ズルズルと下落を続ける銘柄を塩漬けにして長く精神的なストレスを抱え続けるくらいなら、一時のストレスはありますがスパッと切ること。

損切りの大切さは各所で耳にすることはありますが、損切りを入れた後、決してその損切を動かさないこと、ここまでできて初めて損切りができます。

スポンサードリンク

損切りした後に焦って無計画にポジションを持たない

損切りする所までもなかなかメンタル的にシンドイのですが、実は損切りした後の行動も相当大切です。

損切りした後に、損切り分を取り返そうとして無計画に別のポジションを持ってはいけない!

事前に計画があれば構いませんが、単に損切りして投資資金が出来たから何の考えもなしに無計画にポジションを持つとロクなことになりません。損切りした後、特に計画がないようなら、一旦そのまま現金の形で資金を置いておき、冷静になることが必要です。

損切りした後の行動でやらかさないことは、投資で勝ち切るためには意外に大切ですがあまり耳にする機会はないハズ。損切りした後は冷静になりましょー、とは耳にすることがありますが、もう一歩進んで無計画なポジションを取らないこと、という部分まで覚えておくと、損切りした後にフト我に返ることができるのではないでしょうか。特に投資金額が大きくなると、非常に重要になります。(投資金額が大きくなり過ぎないように分散投資するのがオススメですが、この話はまた別の機会に)


・一度損切りしたら、その後は一度冷静になること!

まとめ、損切りがしっかり出来るようになれば投資上級者

投資と損切りは切っても切れない関係にあります。しかし損切りは痛みを伴う行為であり、投資家の殆どは簡単に損切を受け入れることができません、だからしっかり損切が出来るようになれば投資上級者の仲間入りと言っても過言ではありません。個人的には損切り貧乏大いに結構、とまで思っています。損切りできないよりも余程マシです。まぁ何の計画性なしに損切りするのは意味ありませんが。

損切りの重要性は言い始めるとキリがありませんが、人間簡単に損切りできるようにはなっていない、という本性は理解する必要があります。よってポジション持ったら、OCO注文などでその後スグに損切り注文を入れて、その注文をずらさないこと。これをするだけで、楽に損切りできるようになります。

短期、中期、長期の時間軸や投資金額で損切りの幅も違ってきますが、損切りの重要性に違いはありません。

投資で勝ち切りたいなら損切りをその都度その都度行い、勝ち負けをハッキリさせること。これがバクチ的な投資から卒業するための第一歩かつ必要不可欠なプロセスとなります。

ベテラン勢には何を今さら・・・、というお話ではありますが、サイトで損切りの大切さ書いたことがなかったため改めて記事としてみました。何だか個人投資家がベア型のETF買いまくっているようで、踏み上げ相場の感もある今日この頃、損切りの大切さを再認識するよい機会でもあります。

投資で勝ち切るためには損切りはホント大切です。分かっちゃいてもできないのが損切り。素直にOCO注文で事前に損切り注文を入れて、そのまま放置するのがオススメです。お試しください。

マネックス証券のトレードステーションならOCO注文も簡単に入れることができます。チャート機能も充実しているトレードステーションは、トレードのお供にホントオススメです。

無料で使えるマネックス証券のトレードステーション詳細を見てみる

当記事の関連記事
投機でも投資でも損切りが必要不可欠、来年の活動に向けての打ち合わせの場面から

投資で大切なのは“やる勇気”よりも“やらない勇気”、ただしポジポジ病の中で“やらない勇気”の行使は難しい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です