マイナス金利の影響、大企業の普通預金から手数料徴収へ

 三菱東京UFJ銀行が日銀のマイナス金利への対応として、大企業の普通預金から手数料を徴収を検討している様子。個人や中小企業は対象外のようですが、これが実現すれば大企業のお金の流れが一変する可能性が。何せ、「とりあえず」預金口座を作っておく、とか、「とりあえず」現金を預金に置いておく、という選択肢が大幅に狭まります。
 歴史的な試みとも言える、預金口座からの手数料徴収、本当に実現したばあい、銀行を中心とする金融機関には大きな影響が生じる可能性が。

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

三菱東京UFJ銀行が大企業の普通預金に対し手数料徴収を検討

 今朝の日経新聞の1面を見て、管理人えっ?マジか?、と思いました。

三菱東京UFJ銀行は日銀のマイナス金利政策への対応として、大企業などの普通預金に口座手数料を導入することを検討する。手数料の水準によっては事実上のマイナス金利になる可能性がある。中小企業や個人に対しては定期預金の金利引き下げを検討し、口座手数料導入は見送る。~今後ほかのメガバンクも同様の取り組みで追随する可能性がある。(2016/2/3日本経済新聞)

 実は銀行は口座からの手数料徴収が長年の悲願だったりしますが、それはどちらかと言うと収益を生まない、個人向けの預金口座のお話。大企業向けは、口座を作ってもらって、関係を作っておけば、為替等の手数料で将来的にペイする可能性は十分あります。しかしながら今回出てきたのは、まさに銀行としては本流とも言える大企業向けの預金口座からの手数料徴収。
 まぁ個人口座から手数料を取ると、各方面への影響が大きすぎて収拾がつかなくなる可能性大なので、冷静に考えれば順番としては順当ですが、それにしても、思い切ったことするなぁ、と思います。

16.2.3銀行ATM-min
大企業向けの口座手数料徴収、本当に実現するのか?

預金口座は有力な関係維持のツール

 銀行にとって銀行口座は相手先企業と関係を維持する有力なツールとなります。これまで企業側も、別に口座作るのタダだし、目先使わないお金を銀行の口座に置いておけば安いながらも金利はつく、ということで、銀行側と企業側の両者にとってメインバンク以外でも銀行口座あるというとは、何かと便利な存在でした。(口座ありすぎると、管理が面倒という財務部門のボヤキもありますが)

 銀行側とすれば、メイン先以外でも口座があれば相手先企業と関係維持が可能、と言う所がミソ。良くも悪くも御用聞き営業が未だ通じている日本の法人営業、日頃相手先企業に出入りできる理由って非常に大切。預金口座があれば、少なくとも何かしら提案持って行くのも気が楽だし、企業側も聞き易い。そんなのだから日本の法人営業がダメだ!、という声も確かにありますが、同じレベルのサービスなら日頃顔出してくれている会社にモノを頼みたくなる、というのは人情。

 預金口座は銀行にとって大企業と関係維持を維持する有力なツールになっています。

とりあえず口座作っておく、という選択肢が狭まる可能性が

 これまでタダだったものが、今後有料になります、となった時、まずは本当にその取引は必要か?、と普通考えます。実務で言えば、これまで軽い稟議書だったものが、お金がかかるので面倒くさい稟議書が必要になります。

 企業としてはメインバンクは諸々取引があるので、しょーがないなぁ、と言うことで手数料払って口座維持するでしょうが、メイン先以外はバッサリ口座解約される可能性が。
 で、口座は解約しますがいい提案があればいつでも聞きますよ、と銀行側は言われるような。けど、いい提案を聞いてもらえる関係が大切なんですが・・・、と銀行の担当者は涙を飲むのでは・・・。

 いずれにしても、口座管理料に経費がかかってこれば、これまでの「とりあえず」という関係は、一度立ち止まって考えてみる、ということにはなります。コレは無借金の大企業(だいたいこーいう会社はシビアな会社が多い)のメインバンク以外は恐怖の事態。

 まぁ考え過ぎかもしれませんが、可能性としては充分ありえます。

Sponsored Link

無料でお金を預けられる銀行や証券のニーズが増えそう

 企業側としては、基本的には無駄なお金は払いたくない訳です。しかし、目先使わない現金はどこかに置いておく必要があります。まさか、会社の金庫に置いておく訳にもいかないですし。これまでは何も考えず銀行に置いていた訳ですが、これまで無料だった銀行がお金かかるとなれば、どうしても口座を維持せざるをえないメインバンクに集中させる、とか、無料で安心してお金を預かってくれる先を探す、ということになります。
 
 メガバンクが口座手数料取るなら、地銀。地銀が無理なら、ネット銀行???
 
 面白いことに、セブン銀行(8410)の株価が上がっていたりします。

16.2.2セブン銀行株価-日足-min
セブン銀行の日足チャート(チャートは「株羅針盤」を利用しています)

 大企業が目先使わないお金をセブン銀行に預ける図もどうもイメージできませんが、手数料かからないなら理論的はあり得ます。

 さすがにネット銀行みたいなのは・・・、ということであれば証券会社。MMFはマイナス金利の影響で募集停止が既に発生してますが、MRFとか。実は証券会社にとって、銀行の口座手数料徴収開始って一大ビジネスチャンスになったりして?

 日銀のマイナス金利導入の影響、実は金利以外の部分で金融業界に大きな影響を与える可能性がありそうです。

 ちなみに、マイナス金利導入発表前から、メガバンクの株価は大きく値下がりしています。

<関連記事>
三菱UFJ-FG(三菱東京UFJ銀行)株価の今後の見通しと予想

まとめ

 
 管理人としては、銀行が大企業から口座手数料を取るって、ホント驚き。例えば、トヨタに対して今後口座手数料を頂きます、と本当にメガバンクは言えるのか?まぁ言うならメガバンクは足並みそろえて言うしかなさそうです。そんな訳で、仮に口座手数料徴収となれば、メガバンク3行は足並みそろえて、ということになるのでは?

 銀行借入の無い優良企業に対して、とりあえず口座だけでも・・・、とやって関係を構築してきた銀行ですが、手数料導入で口座開設のハードル自体が一気に上がることになります。その意味では、これまでのような御用聞き外交から、本当の意味でのサービス競争の時代の到来かもしれませんが、そう簡単に斬新な提案内容が出てこれば苦労は無い訳で、銀行の法人営業の現場にとっては、結構大変な時代がやってくるかもしれません。

 日銀のマイナス金利導入、どうやら金融業界に金利以外でも大きな変化が生じる可能性が。マイナス金利の各方面への影響、今後も注目したいと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です