日曜の日経新聞を何年かぶりに買わなかった件

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

 日経の日曜版が変わる!、としばらくTVCMが流れていましたが、確かに変わりました。キレイナ紙面になったものの、要は広告だよね・・・。2週間ほどそれでも買って読んでましたが、どうしても160円の価値を見出せませんでした。

 そしてついに決断。日曜の日経新聞をスルーしてみました。新聞って無くても案外どうにでもなってしまう事態に気付くとともに、新聞社の経営も大変だよなぁ、と気付くことになりました。

日曜の日経が変わった!

 TVCMで日曜の日経が変わる、と流れてましたが、さーてどうなることやら、と思ってました。管理人、社会人に入ってから、ほぼ毎日欠かさず日経新聞を読み続けています。その昔、会社の寮にいたときを除くと、毎日コンビニや駅で買ってます。

 土日は朝の散歩で日経を買うのが、ホント日課になっています。

 そして変わった日曜の日経を見て驚きました。カラーのページを除くとペラッペラやないか!カラーのページ、要は企業の広告ページだよね・・・。確かに変わりましたが、管理人的には、元々そんなに読むところの無かった日曜の日経、ホント読むところが無くなってしまいました。

 それでも2週間はお付き合いしました。けどどーしてもだめ、日曜の日経に160円の価値を見出せません。そして決断しました、しばらく日曜の日経買うの止めておこう。

 社会人になってからかれこれ20年近く続いている朝の日経の習慣、日曜だけではありますが、一旦途切れることになりました。

 これって管理人的には結構なエポックメイキングなことです。このサイトのネタも随分日経新聞にお世話になってます。けどモノは試し、日経が変わったように、管理人も変わってみました。

新聞が無くても案外不便しないことに気付く

 新聞の用途って、極論するとテレビ欄だったりします。それは多分、日経でも変わらないかと。ま、その辺りは日経の意地で、主要各誌が裏の1面にTV欄を掲載のところ、今も日経はTV欄が新聞の真ん中当たりに掲載してあるんですが。

 で、日曜に新聞無いと不便かなー、と思ったのですが、TV欄って今は別に新聞見なくてもTVに付属のTV欄機能を使えば十分内容が分かりますね。暇な時に今日は何か面白いTVあるのかな、と見ればそれで済んでしまう話。インターネットに繋げる必要すらありません。

 これって地デジの恩恵ですね。アナログ時代は、新聞のTV欄は生活に必要不可欠だったのですが、今や新聞のTV欄無しでも、別にスマホ等でインターネット環境無しでも、十分TV番組が確認できます。

 そう考えると新聞社の経営も大変だろうなぁ、と思います。そもそも新聞を読むサラリーマンの絶対数が減少している中、TV欄見るだけなら新聞いらない訳ですから。

 毎日新聞と産経新聞の経営がシンドイのは以前から聞きますが、最近は朝日新聞もシンドイ様子。日経も安泰かと思いきや、実はそんなに楽じゃない、という話は聞きますが、ホント久しぶりに新聞をスルーしてみると、確かにそうなるよなぁ、ということを実感することと相成りました。

スポンサードリンク

新聞は情報を取るのであって新聞社の意見を聞く訳ではない

 管理人は何故か変なこだわりがあって、新聞は情報を取るためのもの、と決めている部分があります。別に新聞社や編集委員の意見はどうでもよくって、何が起こっているのか、これが知りたい。ズーッとそんな観点で新聞を読んでます。

 だから日経の社説って一回も読んだことがないし、朝日新聞を一時期取っていましたが、天声人語も読んだことが無い。。。たかだか一新聞社の社説を受験の問題に出して大丈夫か?、と思っているくらい。(ちなみに受験生の時に国語は成績良かったです、特に評論は大得意)

 けどそういうスタンスで新聞読んでると、タマーにホンマカイナ?、という記事に出会ったりするのが面白い所。オイオイ、知ってて大事なこと書き忘れてませんか?、とか、強調するのコッチじゃなくてソッチのほうでしょ、みたいな。

 偉大な投資家ウォーレン・バフェット氏も、新聞で本当のこと書いてあるのはスポーツの結果くらいだ、と仰られていますが、案外そんなスタンスで新聞を見たほうが面白いかもしれません。新聞社だって商売なんですから、広告主には逆らえないことを考えれば、公正な報道なんてそもそもありえない、とスグ理解できます。実際に何が起こっているのかは、自分で考えるしかないかな、と思います。

 株の世界も一緒で、先日マザーズのディー・ディー・エス(3782)が暴落して騒ぎになりましたが、多少なりとも財務状況や会社の状況を見れば、仕手株っぽことは分かる訳で、そんな銘柄長く持ってはいけません。けど結構株の初心者がディー・ディー・エス株でやられてしまったようで、別にデイトレの対象銘柄するなら企業の財務状況等知らんでもいいのですが、長めの持とうとするのなら、四季報くらいは見ておいたらどうだろ、と思う訳です。

 マザーズ銘柄で値動きの軽い銘柄は、長く持てない銘柄が多いのですが、株の初心者は分からないところなんですよね。

まとめ

 実はライター業が多忙になってまして、当サイトの記事が後回しになってます。。。発注いただく方にはホント感謝していますが、当サイトを楽しみにしている方には申し訳ありません。ただサイト運営を辞めるつもりは全くありませんので、ご安心を。

 ライター業しながら新聞を見ていると、また色々な発見があるので、新聞(管理人の場合は日経新聞)は面白いなー、と思いつつも、今回モノは試しで日曜の日経買うのをやめてみました、というお話。

 まぁ断捨離、と言う程、立派なものではありませんが、タマに情報の断捨離するのは悪くない、とは思いました。

 けどフト思ったのですが日曜の日経、って元々売れてないような。なぜって駅で買う人は土日にわざわざ日経買わないよね。。。そう考えると、もう広告重視=採算性重視にシフトした日曜の日経、経営判断としては”あり”じゃないかなぁ、と思います。

 また来週も日曜の日経断捨離してみようと思います。

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です