シャープが産業革新機構へ支援要請、ジャパンディスプレイが影の主役?

 再度の経営危機で苦境に陥っているシャープ。すわ倒産か?、という状態ではないものの、株価も下落中。そんなシャープが産業革新機構へ支援要請へ。そして影の主役はジャパンディスプレイではなかろうか。

 再度の経営危機で苦境に陥っているシャープ。すぐに倒産どうこう、という状態ではありませんが、株価もパットしません。当サイトでは以前、ジャープの株価の予想を行っています。「シャープ株価の今後の見通し(2015年3月18日版)」、記事後のシャープの株価はいわゆるヨコヨコ状態で、株価が動いていません。

 そんなシャープが、中・小型液晶パネル事業を分社化し、政府系ファンドの「産業革新機構」に出資を要請する方針を固めました、と報じられています。
 
 この記事、隠れた主役はソニー、東芝、日立の中小型液晶部門を切り出して産業革新機構が支援して上場した、ジャパンディスプレイが隠れた主役ではなかろうか。ジャパンディスプレイの発足時にシャープの参加も熱望していた産業革新機構、果たしてシャープの再建そしてジャパンディスプレイは今後どうなっていくのか?(2015年5月11日更新)

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

シャープは1,000億円規模の出資を要請

 各方面で報じられているシャープによる産業革新機構への出資要請、要点を箇条書きすると下記のようになります。

・シャープは中小型液晶事業を分社化
・シャープは産業革新機構に1,000億円規模の出資を要請
・分社化した中小型液晶事業の会社の資産価値は約3,000億円と想定
・シャープは産業革新機構の出資後も分社化した会社に51%超の出資を希望

 現状、シャープが産業革新機構に出資要請、という状況であり、まだ出資が決まった、という段階ではありません。よって交渉はまさにこれから、という状態。当然、シャープとしては上記はある意味「言い値」であり、今後の産業革新機構との交渉の中で、条件が変わってくる可能性も。
 条件交渉次第では、お金をだすのはコチラ(産業革新機構)の勝手、ということで出資交渉自体決裂する可能性だってあります。

 だからまだ第一報の段階であり、シャープはこれで大丈夫、と言える状態ではありません。

スポンサードリンク

産業革新機構はシャープと因縁のあるジャパンディスプレイの筆頭株主

 再びの経営危機に陥っているシャープ。元はと言えば、中小型液晶部門で躓いてしまったのが、現在に至る背景ではありますが、そのキッカケとなったのがジャパンディスプレイがシャープの有力顧客を奪った件。

「注文がとれなくなった」シャープの嘆息……再建に立ちはだかった“日の丸連合”との消耗戦

 ジャパンディスプレイとの競争に負けたのが、再度の経営危機のすべての原因、という訳ではありませんが、シャープにとってジャパンディスプレイは不倶戴天の敵、ということになります。
 そしてそのジャパンディスプレイの設立を主導して、現在も筆頭株主の座(35.5%)にあるのが、産業革新機構。シャープにとっては、敵筋にもあたる相手に出資要請をせざるを得ない、という状況。ある意味、シャープとしても苦渋の決断。今後、相当ハードな交渉が行われそうです。

 そして産業革新機構はジャパンディスプレイの発足当初から、シャープの参加を希望していた、という歴史があります。当然、産業革新機構側としてはシャープの液晶部門への出資、その後にジャパンディスプレイとの事業再編、という絵まで描いてくる可能性が高そうです。

ジャパンディスプレイも楽じゃない

 と、ここまでだと、ジャパンディスプレイも政府系の産業革新機構の庇護の下、いい商売してるよなぁ、と思ってしまう所ですが、ジャパンディスプレイも生き残りに必死。液晶業界、世界が競争相手なだけに、楽な商売ではありません。

 2014年3月に上場したジャパンディスプレイですが、その後業績の下方修正し赤字決算を予想する等、苦労しています。ちなみに、2015年3月期の予想は売上高7,400億円、経常利益15億円、当期純利益▲121億円、となっています。

 ジャパンディスプレイの株価は上場後の2014年4月25日に836円という高値をつけた後、2014年10月31日311円まで下落。その後500円付近まで戻す等、株価的には立ち直りの兆しはありますが。

15.4.3ジャパンディスプレイ株価-min
ジャパンディスプレイの株価推移

 そして、ジャパンディスプレイ株価の分析と予想を別途行いました。

 目先は大きな動きはなさそうですが、なかなか興味深い結果となりました

シャープが減資へ、生き残りに腹をくくったようです

 シャープが減資、と報じられています。面子もかなぐり捨てて生き残りに突き進むシャープ。死に物狂いのシャープ、今後の一挙手一投足に注目が集まります。

「シャープの関連記事」まとめページ作りました!
シャープの関連記事まとめ

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク