東京電力の柏崎刈羽原発、再稼働に向け集中的な審査へ

 史上最高の猛暑と言われている割には電力不足の話が全く出てこない、2015年の日本の夏。原発が無くても電力不足にはならない、と以前言われていましたが、見事に証明されています。

 ただし電力会社の経営と言う観点では、原発の再稼動は最重要課題。そんな中で、原子力規制委員会が東京電力の柏崎刈羽原発6・7号機の審査を集中して行うことを決定。

 しかし柏崎刈羽原発の再稼働の話、当然一筋縄では進みそうにありません。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

原子力発電所の稼働ゼロで迎えている2015年の猛暑

 史上最高の猛暑と言われている2015年の夏。フト振り返ってみれば、2015年の夏は稼働している原発ゼロで夏を迎えています。

 昨年の2014年夏も日本は稼働原発ゼロで乗り切りましたが、電力会社の努力があるとは言え、原発が稼働しないと夏に大変なことになる、と言われたのは何だったのだろうか、と思ってしまいます。
 けどこれだけ暑くてエアコンもフル稼働なのに、電力不足云々の話は話題にもならないの、変な感じがします。

原発再稼働の進捗状況、福島第一原発型は後回し

 秋に九州電力の川内原発の再稼動が予定されていますが、現在は原子力規制委員会で再稼動に向け審査が進んでいるのは、福島第一原発とは違う形式の、加圧水型原子炉(PWR)。

 審査が進んでいる、九州電力の川内原発1・2号機と玄海原発3・4号機、関西電力の高浜原発3・4号機と大飯原発3・4号機、四国電力の伊方原発3号機はいずれもPWR。

 一方、福島第一原発と同じ、沸騰水型軽水炉(BWR)は審査は完全に後回し状態で、殆ど進んでいません。(東京電力・柏崎刈羽原発6・7号機、中国電力・島根原発2号機、東北電力・女川原発2号機、中部電力・浜岡原発4号機)

東京電力の柏崎刈羽原発6・7号機を集中的に審査へ

 そんな中で、原子力規制委員会は東京電力の柏崎刈羽原発5・6号機の集中的な審査を決定。

「沸騰水型原発 柏崎刈羽原発を集中審査」

 柏崎刈羽原発6号機は1996年、7号機は1997年稼働の最新型。そして柏崎刈羽原発の7基全部合わせた総電気出力は821.2万kW。世界一の発電量を誇る、巨大な原子力発電所となっています。

「柏崎刈羽原子力発電所の概要(新潟県)」

 かつて関西電力が社運をかけた黒部ダムの水力発電所建設。黒部の水力発電所は、最大出力33.5万kW。柏崎刈羽原発7号機の最大出力は135.6万kWで、約4倍。原子力発電量の発電力のスゴさが分かります。

参考記事:黒部川第四発電所(関西電力)

東京電力にとって柏崎刈羽原発の再稼働は悲願

 東京電力の再建計画、実は柏崎刈羽原発の稼働が大前提となっています。だから東京電力の再建には、そもそも柏崎刈羽原発が再稼働しない限りは、何ともなりません。

 その意味では柏崎刈羽原発の再稼動に向けた動き、東京電力にとっては願ったり叶ったりです。

 しかしそうは簡単に問屋は卸しません。

15.8.7東京電力-min
東電再建のために、柏崎刈羽原発の再稼働は悲願ではありますが・・・

世界的に見れば沸騰水型軽水炉は困った存在

 福島第一原発の事故を起こした沸騰水型軽水炉、世界的に見れば不人気製品。あんな事故を起こしたのですから、当然。福島第一原発の事故はまだ全く終わっていませんし、そもそも事故原因だって、分からない面も残っています。

 加圧水型原子炉(PRW)は事故を起こした訳ではないので、それはそれ、という事で審査が進んでいた面も多分にありますが、柏崎刈羽原発は、もう福島第一原発と同じ仕組み(厳密には若干異なりますが)。少なくとも審査が進んでいるPWR型と同じ土俵での議論にはなりません。

 だから柏崎刈羽原発の集中審査が開始=早期稼働実現、と考えるのは時期尚早と言えます。これでようやくスタートライン、という所ではないかと。地震対策や地元の問題も当然控えています。

スポンサードリンク

最後に東京電力の株価と関西電力の株価推移

 日本の電力会社にとっては、原発が再稼動できるかどうかは、会社の存続にかかわってくる問題。特に福島第一原発を抱える東京電力と、元々原発比率の高かった関西電力にとっては。

 東京電力の株価はこんな感じで推移しています。

 東京電力の株価の予想と分析は下記で行っています。
「東京電力株価の今後の見通し」

 一方、関西電力株価はこんな感じ。

 関西電力の株価の予想と分析は下記で行っています。
「関西電力株価の今後の見通し、トレンドかハーモニックか?」

 一筋縄で行くとは思えない原発の再稼動。どうやら九州電力の川内原発は再稼動が見えつつありますが、東京電力の柏崎刈羽原発の再稼動は、ようやく議論が始まるところ、といった状態。

 電力会社の株価は、原発の再稼動にも大きく左右されそうです。原発の再稼動の行方、電力会社の株価を考えると際にも、十分に留意すべきと考えます。

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

3 件のコメント

  • 自分は柏崎刈羽原発7号機のレイアウトを纏めた者ですが、福島第1原発に比べ過剰なほどの安全設計を施してあり、福島原発をネタに反対するのは早合点であり原発を認めて頂きたい。

    • コメントおよび貴重な情報ありがとうございます。

      柏崎刈羽原発の稼働は、東京電力再建のための最大のポイントですが、技術的なことは私はわかりませんが、新潟県(県知事)をどうやって説得するか、というのが案外ハードル高いのではないかな、と思っています。

      今後とも当サイトをよろしくお願いします。

      管理人FiboCat

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です