中国経済及び中国株の記事まとめ

スポンサードリンク

 日本経済や日本の株価に大きな影響がある中国経済及び中国の株価について、当サイトに投稿した記事の一覧をご紹介。バブル崩壊とまでは言えずとも、減速傾向が続く中国経済。そして政府の強硬手段によって株価の下落が止まった中国株。

 ギリシャ問題は遠い国の出来事でしたが、中国で問題が発生すれば日本への影響も大きいと言わざるを得ません。そんな中国の経済や株価について、適宜記事をアップしています。

中国の株が暴落というより急落、アメリカ株に御注意
→日本経済に密接にかかわっている中国経済ですが、こと中国の株式市場に限って言えば、中国は完全に世界から切り離されています。日本株の行方を知るには、中国の株式市場よりアメリカ市場を見た方がよいというのは、今も昔も変わらないようです。

中国株の暴落、中国共産党は株式市場をコントロールできるのか?
→ありとあらゆる手を使って7月の中国株の急落を止めた中国政府。果たして株価のコントロールはいつまで効果を発揮するのでしょうか?中国政府と株式市場の攻防はどんな結末を迎えるのか?

中国株暴落で世界の株価下落、お化けと事実を混同してはいけない件
→中国株の暴落を発端に世界の金融市場が大混乱。けど中国の金融市場は世界と切り離されています。現在の混乱はいないと分かっていても驚く、お化けを見た状態に似ているかもしてません。問題は冷静になった後です。

中国株の売買停止、日本の投資信託は他人事ではなかった件
→対岸の火事と思っていた中国株の急落ですが、何と中国株を組み入れた日本の投資信託が売買停止という事態に。実は中国株の下落、やはり日本も他人事ではなかった、という代表例かと。

中国株の下落で中国人の爆買いの問題が顕在化か?
→東京や大阪で爆買いが話題の中国人観光客。中国株の急落で爆買いにも影響が出るのか?バブルの頃の日本がそうだったように、余ったお金で海外旅行と買い物をしている状態の中国人富裕層、爆買い自体をバブルと考えれば、いずれ沈静化するのでは?

何かと注目のインバウンド銘柄一覧
→既に人気化しているインバウンド銘柄。改めてインバウンド銘柄の一覧表を作ってみました。

AIIBの出資国と出資額・出資比率が決定、ドイツが悩ましい立場に
→日本は参加を見送ったAIIB。中国政府の新たな公共事業とも言えますが、AIIBに参加したドイツが悩ましい立場に置かれているようです。

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク