マクドナルドの倒産はない理由はコレ、今後の展開を予想してみた

 赤字が続き業績不振の日本マクドナルド。けど倒産は無いでしょう、日本マクドナルドは財務的には超優良会社。今後の展開を予想してみました。

 鶏肉事件以降、元気が無く遂には赤字に転落してしまった日本マクドナルドHD(以下、マクドナルド)。遂には倒産か?、との話も聞いたりしますが、倒産はマズないと思われます。理由は簡単、マクドナルドは財務的には超優良会社。ちょっとやそっとじゃ、びくともしません。ただし、それでもいまのままじゃマズイのは間違いないでしょう。
 果たして今後マクドナルドはどうなるのか?今後の展開を勝手に3つ予想してみました。

株式会社DMM.com証券(外為ジャパン) スポンサードリンク

マクドナルドは財務的には未だ超優良会社

 マクドナルドは実質的な日本法人の創業者の藤田田氏の手腕によって、事業を大きく拡大。その藤田氏の遺産か、マクドナルドは非常に強固な財務体質を誇っています。


2014年12月期の決算
・現預金286億円に対して、借入金5億円。
・負債合計403億円に対して、純資産合計1,477億円(利益剰余金843億円)。
・時価総額3,488億円。(2015年5月13日時点)

※詳しくは決算短信をご覧ください

 2014年12月期218億円の赤字を出しても、未だ利益剰余金843億円。そして、実質的には無借金状態で、自由に使えるお金が286億円。そりゃ200億円クラスの赤字が数年続けばアウトですが、まだ2~3年は十分やって行けるだけの体力は持ち合わせています。

 それを踏まえて、今後のマクドナルドの今後の展開を勝手に予想してみました。

スポンサードリンク

マクドナルドの業績が回復して株価も上昇

 ベストシナリオです、そうなることをファンの一人として願っています。

 外資系の会社でリストラして、その上で士気を保つのは相当難しい課題ではあります。更に現在のマクドナルドはFC店が中心。本社が笛吹けど踊らず、という事態も容易に想像できます。fcに対して、本社は基本的にお願いベースですから。
 FCビジネスってうまく回転している時はよいですが、逆回転すると大変、マクドナルドは今その典型例を演じています。マクドナルドが再生できれば、大規模FC会社の再生のモデルケースとなるのは間違いなさそう。

 ついでに言えば、日本でのFCビジネスの大本命、コンビニチェーン店もマクドナルドの再生、他人事と思えない事態では。

 ちなみにチャートだけ見た際の株価の予想については、下記記事をご覧ください。

「日本マクドナルドHD株価の今後の見通し(2015年5月13日)」

マクドナルドはジリジリと縮小均衡

 日本の会社でありがちなパターン。時間をかけて少しづつ改善して・・・、という。更にちょっとやそっとで潰れないのがマクドナルド。時間的な余裕はあります。
 ただし時間稼ぎをしても、いわゆる成長戦略が当たらなければ、意味ないですね。この辺りの成否は現段階ではなんとも言えませんが。
 
 けどね、外資系のマクドナルド、ジリジリと縮小均衡という手段は取らないような。バサーッと、大胆に何かを行って局面を打開する、というのが外資系のやり方なので。ともあれ時間稼ぎはできる会社、ということは覚えておいて損はありません。

 なかなかマクドナルド復活の狼煙を上げるのに苦労はしているようです。最悪期は脱したようですが。

15.5.14マクドナルド-min
マクドナルドに再び光が当たる日はくるのか?

マクドナルドは非上場化へ

 そもそも日本マクドナルドはアメリカのマクドナルドの子会社。親会社及び関連会社で49.9%の株を持っています。上場当時はともかく、現在の東京証券取引所のスタンスは、子会社上場を基本的には認めない、というスタンス(基本的には、というのがミソですが)。

 業績の改善の兆しが見えない、となれば、マクドナルドの非上場化というのも選択肢としては十分あり得ます。

 そもそも子会社上場しているマクドナルド、非上場化は筋論として通りますし、なにせマクドナルドはお金持ち会社。追い込まれる前に、自分の手金を活用して、非上場化して、大胆なリストラを行う、シナリオとしては十分想像できるシナリオ。既に再生を得意とするファンドや証券会社が提案書を持ってマクドナルドを訪問してそうな。

 非上場化して、大胆にリストラして、あとは収益を落ち着かせて(少なくとも大リストラすれば、利益の出る会社にはなると思われます)、その後はマクドナルド米国本社の一海外法人となり、無理せずやっていく・・・。夢も希望もない展開ですが、大赤字のマクドナルド、今は止血して生き残るのが優先ですから。

 非上場化するとなると結構なお金がかかるので、そのお金をどーするよ、という話が課題ではありますが、親会社もいて財務的な余裕のある日本マクドナルド、知恵を絞れば、いくらてもよい手が見つかりそうです。ちなみに、まだ赤字が続いているので、やるなら早い方がよいです。 

 尚、マクドナルドの株は、株主優待目的で長期スタンスで持たれている方が多いようです。マクドナルドが非上場化の際、株価によっては、結構モメル自体も考えられます。

まとめ

 
 業績が悪化すると、潰れるor潰れないという話が出ますが、ことマクドナルドにとっては、目先すぐ倒産云々、という話にはならないのは救いです。ただし、だからこそ、米国マクドナルド本社としては、取れる手も色々あるということで、今後は通常の経営の苦しい会社とは違った道筋をたどる可能性も有しています。

 日本の外食業界の雄、日本マクドナルドはどこへ行く?継続的に今もタマに行っているマクドナルド、ファンの一人として今後の行方に注目していきたいと思います。

PS どうやらマクドナルドのアメリカ本社は、日本マクドナルドの売却方針のようです。予想を見事に外しました・・・

<関連記事>
「マクドナルドの15年12期赤字の原因を分析、粗利が収支トントンで驚いた!」

「マクドナルドの売上グラフ、底は脱したが1年以上低迷が継続中」

マクドナルドの株主優待はお得?利回りを計算すると約3.8%でした!

FivoCat
「株価プレス」のFacebookアカウントをフォローすると、更新情報をタイムラインにお届けします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク