神戸製鋼に山口銀行がメインバンク並の融資残があり驚いた

不祥事で揺れる神戸製鋼。まだ経営体力に余裕があるものの、巨大設備を抱える鉄鋼会社であり、借入金は相当な金額に登っています。

そんな中で日経の記事に、神戸製鋼に対する銀行の融資残高のリストが掲載。残高トップは日本政策投資銀行、と言うことに驚きましたが、更にメインバンク並みに第一地銀の山口銀行が神戸製鋼に融資をしており、驚き。

そー言えば安倍総理は父上の秘書を務めるまで神戸製鋼に勤めていたよね、と言うこともフト思い出しました。

銀行にとっては優良融資先から一転、不安な融資先になってしまった神戸製鋼。今後のその行方に注目です。

�¦� �ª�¥�¼ï¿½�¤�¼ï¿½�§�¤�¾DMM.com�¨�¨�¼�¥ï¿½�¸�¯�¼ï¿½�¥�¤ï¿½�§ï¿½�º�£ï¿½�¸�£ï¿½�£�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¯�¼ï¿½ Sponsored Link

日経新聞に神戸製鋼の融資残高が掲載

なんだか神戸製鋼の不祥事が止まりません。一部門の不正が気付けば、各部門で同じように不正をしており、更にはその不正数十年間続いていたようで、日本のモノ作り神話はそもそも砂上の楼閣だったかも、との懸念まで生じています。

神戸製鋼のように設備も持ったデッカイ会社となると、銀行からの融資残高も膨らんでいます。まぁ、目先の神戸製鋼はスグに東芝のように銀行に首根っこをつかまれている、という状態ではありません。ただし、さっそく社債の償還があるようで、そんなに余裕ぶっこいていられる状態ではありません。

神戸製鋼にはどんな銀行がいくら貸しているんだろ、と思ってましたが、さすが日経新聞が各銀行の残高を掲載していました。

神戸製鋼に最大の融資残高を持つのは日本政策投資銀行

神戸製鋼は神戸の会社、と言う事で神戸銀行の流れをもつ三井住友銀行がメインバンクと安直に想像していましたが、さにあらず。現在の最大の融資残高を持つのは日本政策投資銀行。

神戸製鋼所向け融資残高(今年6月末時点)
日本政策投資銀行 747億円
日本生命400億円
みずほ 315億円
三菱東京UFJ 215億円
山口 215億円
三井住友 210億円
三菱UFJ信託 190億円
みずほ信託 190億円
農林中金 190億円
その他 2,012億円
合計 4,684億円
(日本経済新聞2017/10/18)

日本政策投資銀行が747億円と、完全にメインバンクの地位にいますが、民業圧迫ではないか・・・、と思ってしまいました、どんなもんでしょ。

2位の日本生命400億円も意外と言えば意外。そして3位に315億円でみずほ銀行が出てきて、ようやくメガバンクの登場。

トップの政策投資銀行にも目が行きましたが、管理人が一番驚いたのが第5位の融資残高を誇る山口銀行。メガバンクの三菱東京UFJ銀行と同じ融資残高で、三井住友銀行を5億円ですが上回っています。山口銀行、神戸で頑張っていたようです。

メガバンクに比べると体力の劣る地方銀行、現状神戸製鋼が今後どうなるか分かりませんが、山口銀行は上から下まで大騒ぎではないかと。。。

Sponsored Link

神戸・三宮の一等地に出店している山口銀行

JRや阪急電鉄で三宮から西方面に向かって、北側を見ていると、山口銀行の看板が見えます。以前から、なぜこんな一等地に山口銀行が?、と不思議に思っていたのですが、神戸製鋼にこれだけ融資していたとは驚きでした。

ちなみにお隣岡山県の第一地銀・中国銀行も三宮に出店していますが、三宮の中心街から離れた中華街の近くに出店、その近くに広島銀行やトマト銀行(岡山の第二地銀)もあります。

山口から遠く離れた神戸の地で、山口銀行も営業を頑張っていた訳です。山口銀行と言えば、九州で北九州銀行を設立し、広島ではもみじ銀行を子会社化しており、中国・北九州地域での独特の存在感を持っています。

そういえば安部総理は神戸製鋼出身

ここで気付いたのですが、安部総理大臣のお膝元は、ご存知山口県。そしてその安部総理、お父上の秘書になる前は、神戸製鋼にお勤めでした。

そして山口銀行が神戸製鋼の大口融資先。神戸製鋼と山口県の繋がりは分かりませんが、安部総理を中心に考えれば、神戸製鋼と山口銀行の関係があってもおかしくはありません。

別に変な意味で取り上げた訳ではなく、優良融資に食い込むために銀行はあらゆるルートを使うものなので(銀行の役員のお仕事です)、逆に山口銀行はさすがだなー、と思うくらい。

ただしやはり融資も商売なので、ノーリスクなんてことはありえず、今回山口銀行は神戸製鋼に対する巨額の融資残高を前に冷や汗をかく事態に至っています。

しかし政策投資銀行が融資残高トップで、2位が日本生命、そして山口銀行がメガバンクを上回る融資残高。これらの背景、1つ1つ読み解くと面白いような気がします。普通の会社の銀行の並び方ではありませんし。

まとめ

神戸製鋼の銀行の融資残高の並び方の裏側には、様々なドラマがありそうです。ともあれ個人的には地銀の山口銀行の神戸製鋼への食い込み方に驚き記事を書いてみました。

しかしこの場合、何かあった時はみずほ銀行が主導権をとって、再建策を練るのでしょうか。

神戸製鋼が今後どうなるか分かりませんが、変なことにならないことを願いつつ、今後も状況をフォローしたいと思います。

神戸製鋼の関連記事
神戸製鋼の財務状況、東芝化は避けられそうだが資金繰りは大変そう

神戸製鋼の株価予想、800円と600円の攻防に注目

神戸製鋼が誇る最強の事業は電力事業、沖縄電力を超える発電能力へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です