CATEGORY 業界及び企業分析

業界及び企業分析

東芝がウェスティングハウス(WH)を減損したら?15/9中間期決算でやってみた

東芝が原子力事業を手掛けるウェスティングハウス(WH)を減損したらどうなるか、2015/9中間期決算で調べてみました。さすがまだまだ体力ある東芝、WHの減損はどうにか持ちこたえられますが、そこに半導体がこけると一大事。東芝の再建は時間との戦いとなりそうです。

アメリカ株・外国株

スイスのグレンコアがどんな会社か調べてみた

スイスのグレンコアの借金の多さから破綻が懸念され9月下旬にグレンコア・ショックが発生。新株発行や亜鉛の減産等による借金返済で小康状態のグレンコアですが、商品価格の反転の兆しは無く、株価も再度下落し、厳しい状況が継続の模様。ここで改めてグレンコアについて調べてみました。

業界及び企業分析

ライザップ運営の健康コーポレーションの業績が絶好調、賭けに成功しつつあり

スポーツジムのライザップを運営する健康コーポレーション(2928)は札幌アンビシャス市場への上場会社。長く業績は伸び悩んでしましたが、ライザップの賭けは、見事にスタートダッシュを切りつつあります。ライザップは打ち上げ花火で終わることなく、事業としての確立ができるのか、今後が正念場です。

業界及び企業分析

資生堂ショックと言うけど、完全にジリ貧状態の資生堂の経営

NHKの「おはよう日本」放送がきっかけとなった「資生堂ショック」。けど資生堂、世間のイメージと違って、結構今は大変な状況。デパートで化粧品が売れない中、爆買いで一息ついている状態。そしてコーセーがスグ後ろに迫っています。資生堂の危機意識は相当なものがあります。

業界及び企業分析

ソフトバンクの借金が10兆円オーバー、返済の山は2018年と2020年

10兆円を超えたソフトバンクの借金。借金返済の山が2018年と2020年にやって来ます。借金の返済と借り換えは当たり前として、ソフトバンクはこれまで通りの成長を続けることができるのか?規模が巨大になったソフトバンク、これまでのビジネスモデルが通用するかどうかに注目です。

業界及び企業分析

マクドナルドの売上グラフ、底は脱したが1年以上低迷が継続中

マクドナルドの月別売上高のグラフを作成すると、鶏肉事件以来売上が戻らずもがき苦しむマクドナルドの姿が見えてきます。最悪期は脱したものの、依然鶏肉事件以前の姿に戻れていないマクドナルド。様々な手を打ってはいますが、未だ有効な解決策は見つかっていない状況となっています。

業界及び企業分析

タカタは2015年や目先の倒産は無し!ただケジメは必要では?

エアバッグ問題で揺れるタカタ。米国政府と制裁金の支払いに同意し、ホンダは取引を中止。ただし実質的に無借金で盤石な財務状況のタカタ、2015年内等、スグに倒産する会社ではありません。しかし危機的状況にあるのは確か。タカタは今後生き残りの為に、どんな判断をするのか?注目です。

業界及び企業分析

シャープは倒産せず再生するか?現金流出スピードと現金残高が鍵!

シャープは倒産せず再生できるのか?立ち直りの兆しが見えまないシャープ、2015/9中間期の決算も改善があまり見られず。現在のまま現金流出が続けば、2016年9月中間期中に理論上は現金がなくなる計算。まずは2015年12月期に、シャープは復活の狼煙を上げることができるかどうかに注目です。

業界及び企業分析

富士通もPC事業を分社化、日本のパソコンメーカーを振り返る

富士通がパソコン(PC)事業の2016年春の分社化を発表。衰退著しい日本のPCメーカー。改めて日本のPCメーカーの過去と現在を振り返ってみました。日本のメーカーのPC丈夫なんですが、商売を考えるとなかなか大変。PCメーカーにとっては厳しい時代が当面続くことになりそうです。

業界及び企業分析

ゲーム業界の現状、衰退が言われても打ち上げ花火と淘汰の繰り返し

ゲーム業界の現状、そして今後を考えてみました。衰退も言われるゲーム業界ですが、ヒット作を中心に栄枯盛衰が行われる、という姿は以前と何ら変わっていません。今後はソーシャルゲーム業界での淘汰が予想されます。果たして5~10年後、ゲーム業界はどんな姿になっているのでしょうか?