CATEGORY 業界及び企業分析

業界及び企業分析

東芝がウェスティングハウス(WH)を減損したら?15/9中間期決算でやってみた

東芝が原子力事業を手掛けるウェスティングハウス(WH)を減損したらどうなるか、2015/9中間期決算で調べてみました。さすがまだまだ体力ある東芝、WHの減損はどうにか持ちこたえられますが、そこに半導体がこけると一大事。東芝の再建は時間との戦いとなりそうです。

アメリカ株・外国株

スイスのグレンコアがどんな会社か調べてみた

スイスのグレンコアの借金の多さから破綻が懸念され9月下旬にグレンコア・ショックが発生。新株発行や亜鉛の減産等による借金返済で小康状態のグレンコアですが、商品価格の反転の兆しは無く、株価も再度下落し、厳しい状況が継続の模様。ここで改めてグレンコアについて調べてみました。

業界及び企業分析

ライザップ運営の健康コーポレーションの業績が絶好調、賭けに成功しつつあり

スポーツジムのライザップを運営する健康コーポレーション(2928)は札幌アンビシャス市場への上場会社。長く業績は伸び悩んでしましたが、ライザップの賭けは、見事にスタートダッシュを切りつつあります。ライザップは打ち上げ花火で終わることなく、事業としての確立ができるのか、今後が正念場です。

業界及び企業分析

資生堂ショックと言うけど、完全にジリ貧状態の資生堂の経営

NHKの「おはよう日本」放送がきっかけとなった「資生堂ショック」。けど資生堂、世間のイメージと違って、結構今は大変な状況。デパートで化粧品が売れない中、爆買いで一息ついている状態。そしてコーセーがスグ後ろに迫っています。資生堂の危機意識は相当なものがあります。

業界及び企業分析

ソフトバンクの借金が10兆円オーバー、返済の山は2018年と2020年

10兆円を超えたソフトバンクの借金。借金返済の山が2018年と2020年にやって来ます。借金の返済と借り換えは当たり前として、ソフトバンクはこれまで通りの成長を続けることができるのか?規模が巨大になったソフトバンク、これまでのビジネスモデルが通用するかどうかに注目です。

業界及び企業分析

マクドナルドの売上グラフ、底は脱したが1年以上低迷が継続中

マクドナルドの月別売上高のグラフを作成すると、鶏肉事件以来売上が戻らずもがき苦しむマクドナルドの姿が見えてきます。最悪期は脱したものの、依然鶏肉事件以前の姿に戻れていないマクドナルド。様々な手を打ってはいますが、未だ有効な解決策は見つかっていない状況となっています。